ITmedia NEWS > 企業・業界動向 >
ニュース
» 2009年09月18日 09時41分 公開

Nokia Siemens、LTE使った商用基地局での通話に成功

Nokia Siemensは、商用LTE基地局での通話成功で、「当社の製品が世界的な導入が可能な段階にあることが証明された」としている。

[ITmedia]

 通信機器メーカーNokia Siemens Networksは9月17日、商用LTE(Long Term Evolution)基地局を使った初の通話に成功したと発表した。

 LTEは携帯電話の次世代通信方式とされる規格で、最大100Mbpsの転送速度が実現可能という。通信各社は同規格の商用展開に向けた取り組みを進めている。

 Nokia Siemensは今回の試験通話を、ドイツにある研究開発施設で行われった。LTE 3GPPリリース8仕様に準拠した同社の基地局「Flexi Multiradio Base Station」を使用した。

 Nokia Siemensは、今回の成功で、「当社の製品が世界的な導入が可能な段階にあることが証明された」としている。同社は、LTEサービスは2009年末ごろから導入が始まり、2010年初めに大規模な商用ネットワークが立ち上げられると見込んでいる。同社は既に、80社を超えるキャリアにLTE対応の基地局を出荷している。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.