ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  N

  • 関連の記事

「Nokia Siemens Networks」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「Nokia Siemens Networks」に関する情報が集まったページです。

鈴木淳也の「Windowsフロントライン」:
「第3のモバイルOS」戦争終結 Windows 10 Mobileはどこを目指すのか
日本を含む一部地域では各社のWindows 10 Mobile搭載機が出そろい、Windowsスマートフォンがちょっとした盛り上がりを見せている。このブームは長く続かないことも予想されるが、今後Windows 10 Mobileはどこを目指していくのだろうか。(2016/3/10)

Nokia、地図事業HEREをAudi、BMW、Daimlerに約3800億円で売却
Nokiaがデジタル地図サービス事業のHEREをAUDI、BMW、Daimlerの3社連合に総額28億ユーロで売却することで合意したと発表した。(2015/8/3)

Appleのベテラン、オッペンハイマーCFOが退社 後任は昨年入社のマエストリ氏
故スティーブ・ジョブズCEO時代から10年間CFOを務めたピーター・オッペンハイマー氏(68)が6月に退任する。後任は元XeroxのCFO、ルカ・マエストリ氏(50)。(2014/3/5)

Nokia、Nokia Siemensの完全子会社化を発表
スマートフォン市場で苦戦するNokiaが、最近黒字化したSiemensとのネットワーク合弁会社Nokia Siemens Networksの株式を約22億ドルでSiemensから買い取り、完全子会社化する。(2013/7/1)

Mobile World Congress 2013:
モバイルブロードバンドは始まったばかり――LTEシェアトップのEricsson、LTE-AdvancedやVoLTEにも自信
MWCのブースで新のソリューションを展示し、技術力の高さを見せつけたEricsson。今後のLTEの進化や、携帯ネットワークのキャパシティを改善する技術「HetNet」の進展などについて担当責任者に聞いた。(2013/3/12)

Mobile World Congress 2013:
基地局にサーバーを統合するユニークな「Liquid Applications」で差別化を図る――Nokia Siemens
MWC2013でユニークなLTEソリューションを発表したNokia Siemens Networkの担当者に、同社のLTE事業について話を聞いた。(2013/3/6)

ビジネスニュース オピニオン:
「Lumia」には訴求力が足りない? Nokiaは黒字確保も、主力スマホの売れ筋はいま一つ
赤字に苦しんできたNokiaが、7四半期ぶりに黒字を計上した。だが、主力のスマートフォンである「Lumia」シリーズの売り上げはいま一つのようだ。(2013/2/1)

ソフトバンク、イー・アクセス議決権比率を3分の1未満に 「影響はない」
ソフトバンクがイー・アクセスの議決権を3分の1未満に引き下げ。議決権付き株式をEricssonやSamsungなど11社に譲渡した。(2013/1/17)

Nokiaは苦境を乗り切れるか――欧米市場で「Lumia 920」発売
Nokiaが欧米の主要市場で、同社のフラッグシップモデル「Nokia Lumia 920」を発売した。Windows Phone 8端末で挽回を目指す同社だが、アナリストの見方は厳しいようだ。(2012/11/13)

Nokia、1万人を追加削減 工場や研究所も閉鎖
Windows Phoneスマートフォンが伸び悩むNokiaが、2013年末までに1万人を削減する。スティーブン・エロップCEOの就任以来、累計で4万人以上が削減されることになる。(2012/6/15)

無線通信技術 LTE:
“小さな基地局”、携帯インフラで大きな存在へ
「マクロ」の時代から、より小型の「フェムト」「ピコ」「マイクロ」の時代へ――。スマートフォンやタブレットの普及でトラフィックが爆発的に増加し、通信容量が切迫する携帯電話ネットワーク。そのインフラ市場が移行期に差し掛かっている。基地局メーカーから、ネットワークプロセッサを供給する半導体ベンダーに至るまで、サプライチェーンのさまざまな階層で新たな覇権争いが始まった。(2012/6/8)

Nokia決算、大幅赤字
Nokiaの1〜3月期の決算は、Symbian端末の売り上げ鈍化やリストラ費用の増大などで1株当たり0.08ユーロの赤字だった。(2012/4/20)

Mobile World Congress 2012:
“何が起こっているかを理解して対応する”トラフィック対策を――NSNの「Liquid Net」構想
エンジニアが計算して予測するのではなく、“何が起こっているのかを理解して対応する”ことが大切――。ネットワークベンダー大手のNokia Siemens Networksが、トラフィック対策のアプローチについて説明した。(2012/3/16)

Apple、2011年の半導体購入でトップ 2位はSamsung――Gartner調査
第4四半期業績でiPhone、iPad、Macの販売台数が過去最高だったAppleが、2011年に金額ベースで最も多く半導体を購入した企業だったことが、Gartnerの報告で明らかになった。(2012/1/25)

中Huawei、LTEの商用ネットワーク運用件数でトップに――GSA調べ
GSAの調査によると、中HuaweiがLTE商用ネットワークの運用件数でトップを獲得したという。僅差で追うEricssonとHuaweiの2社で、世界のLTE商用ネットワークシェアの8割超を占めるという。(2012/1/18)

Nokia Siemens、1万7000人の人員削減を発表
通信機器大手のNokia Siemensが、主力のモバイルブロードバンド事業へのリソース集中を目的としたリストラを発表した。2年間で全社員の約2割を削減する計画だ。(2011/11/25)

双方が目指す「欧米的」「中国的」
スマートデバイス市場で生じた欧米/中国企業の奇妙な変化
中国市場の覇権をめぐって争う欧米企業と中国企業。奇妙なことに、両者の戦略にはねじれ現象が生じている。(2011/11/18)

ビジネスニュース アナリストリポート:
活発化するLTE市場、基地局数は2015年までに150万台到達へ
LTE市場が活発化している。基地局の数は2015年までに150万台に達する他、LTEサービス関連の契約を交わす通信事業者/携帯電話インフラベンダーも増えている。(2011/9/7)

神尾寿のMobile+Views:
GoogleによるMotorola Mobility買収、3つのメリット
突如発表された、GoogleによるMotorola Mobilityの買収。規制当局の承認を得る必要はあるが、この買収が完了することでGoogleにはどのようなメリットがもたらされるのか。大きく3つのメリットがあると考える。(2011/8/17)

ルネサス モバイル 代表取締役社長 川崎郁也氏:
世界市場でシェアを10倍に
ルネサス モバイルの川崎郁也社長は、「今後数年のうちに、世界市場でQualcommと肩を並べる」と公言してはばからない。その先の展望も描く。LTEチップが自動車やカメラ、ゲーム機などに搭載され、クラウドサービスにつながる――そうした新たな時代の覇者を目指すと意気込む。(2011/6/7)

スマートデバイス元年、キャリアやメーカーの戦略は――ワイヤレスジャパン2011基調講演
5月25日から3日間にわたって開催される「ワイヤレスジャパン2011」。基調講演には通信キャリアのキーパーソンが登場し、スマートデバイス元年のモバイルビジネスについてビジョンを語る。(2011/5/16)

Nokiaの新CEOにMicrosoft幹部が就任へ
Nokiaは新たなCEOとして、Microsoftのビジネス部門責任者を務めているスティーブン・エロップ氏を引き抜いた。(2010/9/13)

ワイヤレスジャパン2010:
“物作り”の価値は少ない――ノキア シーメンスが語るインフラ企業のサバイバル
「ベンダーは100万円で売っていたものを2万円にしなければいけない。あり得ないことだが、これがグローバル市場の現実」――ワイヤレスジャパン2010の講演に登壇したノキア シーメンス ネットワークスの小津社長は、トラフィックの急増がもたらす通信産業の厳しい市場環境を語った。(2010/7/28)

Nokia Siemens、Motorolaの無線ネットワークインフラを12億ドルで買収
Nokia Siemensは日本や米国でのプレゼンス拡大を狙う。(2010/7/20)

Nokia、スマートフォン販売が大幅増 Symbian^3搭載機は第2四半期に
Nokiaは第1四半期にスマートフォン出荷台数を57%伸ばした。今四半期中にはSymbian^3搭載のスマートフォンを立ち上げる計画だ。(2010/4/23)

Mobile World Congress 2010:
データ通信端末と内蔵モジュール事業を強化――Huaweiに聞く、日本市場戦略
Mobile World Congressで多数のAndroid端末を披露するなど、スマートフォンの開発力をアピールするHuawei。日本市場では内蔵モジュール事業を強化する考えで、PCや家電などへのモジュール搭載を進める。(2010/3/11)

Nokia、日本の研究開発部門を縮小
NokiaがR&D体制見直しの一環として、日本の研究開発部門を縮小。220人が縮小対象となる。(2009/11/24)

Nokia Siemens、約6000人の人員削減を発表
Nokia Siemensは経費削減のため、事業部門の再編および従業員6万4000人の7〜9%の削減を計画している。(2009/11/4)

Nokia決算、端末販売不振で赤字転落
Nokiaの7〜9月期決算は、端末の売り上げ不振と傘下のNokia Siemensの営業権償却費用が響き、5億5900万ユーロもの赤字だった。(2009/10/16)

Nokia Siemens、LTE使った商用基地局での通話に成功
Nokia Siemensは、商用LTE基地局での通話成功で、「当社の製品が世界的な導入が可能な段階にあることが証明された」としている。(2009/9/18)

Avaya、Nortelのエンタープライズ事業を買収
破産保護を申請したNortelから、Avayaがエンタープライズソリューション事業を買い取る。(2009/9/16)

ドコモら6社、IMS上で付加価値サービスを実現する技術仕様を開発
NTTドコモ、アルカテル・ルーセント、エリクソン、富士通、NEC、ノキア・シーメンス・ネットワークスの6社が、IMS上で画像変換や翻訳などのサービスを提供可能にする技術仕様を開発した。(2009/9/7)

Ericsson、Nortelの北米ワイヤレス事業を買収
Ericssonが、Nortelの北米ワイヤレス事業を11億3000万ドルで買収すると発表した。(2009/7/28)

Ericsson Business Innovation Forum 2009:
「PDC」の失敗から“世界標準”の重要性を学んだ日本――Ericsson エワルドソン氏
WiMAXやLTEといった新技術や、iPhoneやAndroidケータイなどの革新的な端末への注目が集まっている。しかし業界全体では、市場からの撤退や統合など、再編の動きも絶えない。次世代通信を巡る市場環境について、業界最大のEricssonに話を聞いた。(2009/7/10)

Nokia Siemens、経営再建中のNortelから資産買収
破産保護申請したNortelから、6億5000万ドルでLTEとCDMA関連の資産を買収する。(2009/6/23)

エンタープライズRIA開発の最新動向 第2回
自社に適したRIA開発のための製品選定ポイント
今回は、RIAという言葉が誕生する前から企業向けWebアプリケーション開発製品を提供してきたソフトウェアベンダー4社に、自社のRIA製品の特長や用途、今後の戦略について話を聞いた。(2009/5/13)

Mobile World Congress 2009:
共存か、対立か――WiMAXとLTEのこれから
バルセロナで開催された通信イベント「Mobile World Congress」では、次世代モバイルブロードバンド技術が注目を集め、さまざまな議論が交わされた。特にWiMAXとLTEのあり方については、支持するキャリアや企業が熱いアピール合戦を繰り広げた。(2009/3/3)

Mobile World Congress 2009:
家電ネットワークと「フェムトセル」を連携させるパナソニック モバイルの新提案
Mobile World Congress 2009のパナソニック モバイルブースでは、セキュリティカメラやデジタルレコーダーなどの家電ネットワークと接続できるHSDPA対応フェムトセルを展示。LTE時代を踏まえた、フェムトセル活用シーンを提案していた。(2009/2/24)

日本で勝たなければ世界で勝てない――ノキアシーメンスのLTE戦略
パナソニック モバイルや富士通とともに、ドコモ向けのLTEインフラを手がけるノキアシーメンスネットワークス。「日本で勝てなければ世界で勝てない」と語る日本法人代表の小津泰史氏に、同社の事業戦略を聞いた。(2008/12/26)

WiMAXは3.9Gを補完する存在――Ericsson、LTEの優位性をアピール
GSMからW-CDMA、HSPA、LTEへとつながる通信インフラを支える機器ベンダーとして知られるEricsson。同社が推進する通信技術は、競合に比べてどんな優位性があり、どんなサービスの可能性が広がっているのか。標準化担当副社長のエクウッデン氏とLTE RAN製品設計部門担当副社長のノードマーク氏に聞いた。(2008/11/14)

10月11日〜10月17日:
5分で分かる、先週のモバイル事情
冬モデル発表のシーズンが近づく中、ドコモが冬モデルからシリーズを再編することが分かった。ドコモ端末については、Symbian陣営がHSUPA対応プラットフォームを共同開発すると発表。スマートフォン2モデルを主要キャリア向けに提供するHTCは、戦略説明会で、「国内シェア5%を目指す」とした。(2008/10/20)

Nokia、第3四半期は減収減益
Nokiaの7〜9月期決算は、リストラや買収費用の影響で30%の減益。売上高も5%減少した。(2008/10/17)

計測/テスト分野で進むWiMAX対応
ノート型パソコンや携帯電話機にWiMAX対応機能を追加するためのチップセットがいくつか世に出てきた。それに対応して、実験用の計測機器や製造工程で用いるテスト装置も大きな進化を見せている。各装置メーカーは、この新たな通信規格にどのように対処しているのだろうか。(2008/8/1)

NokiaとQUALCOMMが和解――特許紛争に幕
NokiaとQUALCOMMが訴訟を取り下げ、新たに15年契約を締結することで、3年にわたった特許紛争に終止符を打った。(2008/7/25)

“ウィルコムのWiMAX”とモバイルWiMAXの違い
先日、ある通信事業者幹部と話していたときに、会話の中で“ウィルコムのWiMAX”という表現が出てきた。それは単なる言い間違いではなく、非常に示唆に富んだ表現だ。次世代高速無線通信の行方を占う上でも、興味深い発言といえる。(2008/4/30)

Nokia、増収増益も今後の市場見通しには消極的
Nokiaの1〜3月期決算は、売上高は前年同期比28%増、純利益は25%増。今年の世界携帯電話市場は台数ベースでは拡大するが、金額ベースでは前年を下回るとみている。(2008/4/18)

Nokia、NECら大手通信企業、LTE/SAE特許ライセンス料の上限設定で合意
大手通信企業がLTEに関連する知的財産権の使用料について上限を設定することで合意した。(2008/4/15)

調査リポート「フェムトセルの最新動向と今後の展望」を発売
(2008/3/18)

エムレポート、フェムトセルの最新動向に関する調査リポートを発売
(2008/3/12)

Mobile World Congress 2008:
垂直型から転換するオペレーターの課題とは──Nokia Siemensが見据える今後の通信事業
NokiaとSiemensの合弁で設立されたNokia Siemens Networks。発足から約1年、通信インフラ市場全体で3位の通信インフラベンダーになった同社の今後の事業計画、そしてLTEやWiMAXなどの次世代通信事業をどう考えているのか、戦略 事業開発部門戦略/プランニングトップのKai Konola氏に話を聞いた。(2008/2/22)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。