ITmedia NEWS > 科学・テクノロジー >
ニュース
» 2010年09月01日 07時00分 公開

キヤノン、20センチ四方の世界最大CMOSセンサーを開発 35ミリフルサイズの40倍

35ミリフルサイズの40倍という20センチ四方のCMOSセンサーをキヤノンが開発。

[ITmedia]
photo 超大型CMOSセンサー(左)と35ミリフルサイズセンサー(右)

 キヤノンは8月31日、約20センチ四方という世界最大のCMOSセンサーを開発したと発表した。大型化により高感度化も実現し、月夜の半分程度の明るさの環境でも約60fpsの動画撮影が可能といい、星空や夜間の動物といった自然分野や、夜間監視カメラなどへの応用が考えられるとしている。

 チップサイズは約202×205ミリと、300ミリウエハーから製造できるサイズとしては最大級となるCMOSセンサー。同社が現在製品化している最大サイズとなる35ミリフルサイズのCMOSセンサーと比べ約40倍になる。

 大型センサーは信号出力の高速化が難しい課題を回路の工夫で解決し、動画撮影も可能な巨大CMOSセンサーの開発に成功した。製造プロセスを徹底的にクリーンにし、画素欠けやごみなども抑えているという。

 大型化により集光量も増やすことができ、暗い環境でも撮影が可能に。35ミリフルサイズセンサーが必要な光量の約100分の1でも撮影が可能で、月夜の半分程度となる0.3ルクスの照度で約60fpsの動画撮影が可能という。

関連キーワード

CMOS | キヤノン | フルサイズCMOS


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.