ITmedia NEWS > 企業・業界動向 >
ニュース
» 2010年09月10日 07時00分 UPDATE

セガとバンダイナムコ、アーケードゲームICカードの相互利用を可能に

セガとバンダイナムコゲームスは、アーケードゲーム機で使うICカードの相互乗り入れを始める。

[ITmedia]

 セガとバンダイナムコゲームスは9月9日、アーケードゲーム機で使うICカードの相互乗り入れを始めると発表した。セガが今秋から導入するICカード「Aimeカード」と、バンダイナムコが来年以降に導入するICカードを相互利用できるようにする。

 両社が導入予定のICカードシステムはそれぞれ、1枚で対応機種すべてのデータを保存できる仕組み。専用サイトでカードを登録すれば、紛失した際のデータ復元も容易という。

 従来のICカード対応ゲームは、ゲーム機ごと/ゲームで使うキャラクターごとに専用カードを用意する必要があったが、新システムでは1枚のカードに集約可能。両社のカードを相互利用できるようにし、利便性を高める。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.