ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  I

「ICカード」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「ICカード」に関する情報が集まったページです。

Square Reader、交通系電子マネーや「iD」「QUICPay+」に対応
Squareが提供する決済端末「Square Reader」が、「Suica」などの交通系電子マネーや「iD」「QUICPay+」に対応。有効化手続きから最短2日で利用できるようになる。(2020/8/4)

東西が、結ばれる:
新宿駅東西自由通路の開通で、どんな未来が待っているのか
「新宿駅は複雑で、迷いやすい」といった不満を感じていた人も多いのでは。そんな不満を解消するかのように「東西自由通路」が開通した。どのように変わったのかというと……。(2020/7/26)

「JR各社が時間帯別運賃を検討」つまりどういうこと?
「ラッシュ時間帯は割高に、終電時間も繰り上げ」の導入を検討していますが、それはなぜ……?(2020/7/24)

プラレールにも「新駅」! 「ピカッとシグナル!GOGO発車ステーション」発売、初の“3線一斉発車”を実現
何かすごいぞ。(2020/7/22)

9月以降に5000円還元 「マイナポイント」の予約方法と注意点
2020年9月にスタートする「マイナポイント事業」は、購入金額の25%分(最大5000円)が還元されるという国の消費喚起政策だ。マイナポイント事業に参加するためには諸条件が多いので、これを全てクリアする必要がある。事前に準備するのは、マイナンバーカードと、カード申請・交付時に設定した「利用者証明用電子証明書」の暗証番号。(2020/7/20)

配送ロボ、そばお届け 高輪ゲートウェイ駅前で8月に実験
客は人と対面せずにテーブルで注文や決済、受け取りが可能。「ウィズコロナ、アフターコロナ時代の新スタイルを提供する」としている。(2020/7/20)

勤怠管理をアップデートしよう:
PR:「監視」ではなく「見守る」――テレワークが当たり前になった今、求められる勤怠管理の在り方とは?
新型コロナウイルスの影響で、一気に広がったテレワーク。その一方で、問われているのが勤怠管理の在り方だ。始業・終業時間の打刻だけで、勤務時間中の働きぶりを管理できないという課題もある一方、「監視」まがいの手法も話題となった。さまざまな企業が新しい勤怠管理様式を模索している中で、管理する側/される側にストレスのない勤怠管理を簡単/低コストで導入できるツールが登場した。(2020/8/3)

アズビルが解き明かす「BAS」解体新書!(3):
【BAS徹底解剖】BAS/BEMSの広がり〜人々の安心・安全、利便性への貢献〜
建物には、空調、照明、監視カメラEV/ESさまざまな設備機器が導入されている。それらを効果的に運用するシステムとして、ビルディングオートメーションシステム(Building Automation System、BAS)が存在する。本連載では、制御・計測機器メーカーで各種ビル設備サービスを展開するアズビルが、「建物の頭脳」ともいえるBASやシステムを活用したエネルギー管理システム「BEMS」を紹介し、今後の可能性についても解説する。第3回目は、BASが建物利用者に提供する安心・安全、利便性について紹介していく。(2020/7/17)

サマンサタバサ×ハローキティのコラボバッグ&ポーチが登場! スポーツに励むキティさんがポップですてき
野球も柔道もテニスもできるキティさん、かっこいい……!(2020/7/16)

Mobile Weekly Top10:
「マイナポイント」獲得合戦勃発/KDDIに統合される「UQ mobile」 沖縄県はどうなる?
「マイナポイント」の事前登録が7月1日からスタートしました。1度登録すると変更できないこともあってか、対象事業者は追加のポイントバックなどを駆使して「獲得合戦」を始めています。(2020/7/15)

券売機で「LINE Pay」に現金入金 東急各線で15日から
東急などは、東京・渋谷と横浜など神奈川県東部を結ぶ東急各線の駅に設置された券売機で、スマートフォン決済サービス「ラインペイ」残高に現金チャージできるサービスを15日から始める。(2020/7/15)

はんこ生産県の山梨、実物のはんこの押印情報を電子化するデバイス開発へ 知事、不要論に対抗
全国有数のはんこ生産地の山梨県が、電子印鑑ではなく実物のはんこの押印情報を電子文書に取り込むデバイスの開発に着手することが分かった。知事は、新型コロナを理由にはんこ文化を否定する風潮を強く批判している。(2020/7/15)

「ニューノーマル」時代のオフィス像を模索 NECが本社でデジタルオフィスの実証実験を開始
NECが、東京都港区にある本社において「デジタルオフィスの実証実験」を開始した。新型コロナウイルスの影響で「ニューノーマル」が叫ばれる中、それを前提にしたオフィスのあり方を模索するという。(2020/7/14)

マイナポイントは本当に得なのか? PC申請は“IE縛り”、マイナンバーカードは取得に1カ月
マイナンバーカード経由で最大5000円分が還元される「マイナポイント事業」の受け付けが始まったが、ポイント還元を受けるには最大2万円の支払いが必要だ。PCからの申請にはIEとカードリーダーが必要など申請方法の面でも課題が指摘されている。(2020/7/14)

なか卯、Apple PayやQUICPayなどの非接触決済に対応
なか卯は、7月8日に「電子マネー(非接触決済)」「クレジットカード」での支払いへ対応。4月にはQRコード決済サービス「PayPay」「メルペイ」「LINE Pay」「au PAY」を導入している。(2020/7/8)

日本郵便、窓口のキャッシュレス化を再開 コロナで2カ月遅れ
日本郵便が、全国の郵便局でキャッシュレス決済の導入を再開した。大型支店をのぞいた局への導入は5月に始める予定だったが、新型コロナウイルス感染症の影響で遅れた。(2020/7/7)

携帯各社、7月3日からの大雨に伴う支援措置 支払期限延長や手数料減免など
NTTドコモ、KDDI(au)、ソフトバンク、楽天モバイルは、7月3日から発生した熊本県・鹿児島県を中心とする大雨への支援措置を発表。支払期限の延長や故障の修理料金などの一部減額を行う。(2020/7/6)

営業再開した東京ディズニーランド、どう変わった? 初日に来園したゲストに聞きました
感染予防対策がとられ、さまざまなところが変わっています。(2020/7/2)

マイナンバーカードのポイント還元、申込受付スタート 手順をチェック
総務省が、マイナンバーカードを活用したポイント還元制度の申し込み受け付けを始めた。9月以降、最大5000円相当の「マイナポイント」を還元する制度で、申し込みにはマイナンバーカードやNFC対応スマホなどが必要。(2020/7/1)

「弁当のDX」で企業向け宅配弁当をより安心・便利に:
PR:ウィズコロナ、アフターコロナの時代に老舗宅配弁当メーカーが提案するオフィスの「新しいランチ様式」とは?
企業向けの宅配弁当事業を展開しているあづま給食センター。同社の特長は、創業50年を超える老舗ながら、ITを積極的に取り入れ「弁当のDX(デジタルトランスフォーメーション)」を推進している点にある。6月から新たにNFC決済機能を備えた「OBENTO‐PIT(オベント・ピット)」を展開し、ウィズコロナ、アフターコロナにおける「新しいランチ様式」を提案するという。(2020/7/1)

「PINロック」でスマホが使用不可に 解除コードを今すぐ確認する方法は?
PINコードを用いてSIMカードをロックすれば、第三者にSIMを無断で使われてしまうことを防げる。ただし注意点もある。最初にSIMカードをロックする際は、あらかじめ決まったPINコードを入れる必要がある。失敗するとPINロックがかかり、最悪の場合、SIMカードが使用不可になってしまう。(2020/6/29)

三井住友カードの決済端末「stera terminal」が始動 店舗側のメリットは?
三井住友カードが提供する決済プラットフォームの「stera」の決済端末「stera terminal」の本格設置が7月6日から開始する。クレジットカード、電子マネー、コード決済をまとめて三井住友カードが管理し、オンライン・オフラインの双方の決済情報をまとめて管理できる。stera terminal専用のアプリマーケット「stera market」も公開した。(2020/6/26)

経産省が「スマホで身分証明」に向けた国際規格を提案
経済産業省は、モバイル機器を使用した身分証明管理の実用化に向けた国際規格案に対し、重要情報の安全性確保を目的とした「セキュアエリアの信頼度に関する認証利用の仕組み」に関する提案を行った。(2020/6/22)

PASMOが「マイナポイント」へ参加 チャージ額の25%(最大5000円分)を加算
パスモは、総務省が推進するマイナポイント事業への参加を発表。本事業の実施期間、チャージ額の25%分(上限5000ポイント)の「PASMOマイナポイント加算サービス」を行う。(2020/6/22)

「スマホで身分証明」規格案、国際審議始まる 22年の標準化目指す
スマートフォンなどに身分証明書機能を搭載する国際的な規格策定に対し、日本が提出した案について国際標準化の審議が始まった。規格が定まり、対応するデバイスが普及すれば、スマホを使った本人確認の精度や信頼性が高まる他、“デジタル運転免許証”や“デジタルパスポート”などが実現する可能性がある。(2020/6/22)

こういうアナログなら残ってほしい――“指に巻ける切符”が機能的で美しい
これだったら、なくさない!(2020/6/18)

プラザ限定! スニーカーで遊ぶスヌーピーがかわいいPEANUTS×CONVERSEのコラボアイテム カジュアルなデザインが夏にぴったりです
ベーシックなカラーもあわせやすい。(2020/6/18)

7月1日デビュー! 東海道新幹線の新型車「N700S」何がすごい? さっそく乗ってきました
写真たくさんでスパスパッと解説します。「N700Sに狙って乗る方法」も紹介……!(2020/6/15)

スマホ決済6月のキャンペーンまとめ PayPayは最大1000%還元、オンラインやコンビニで最大10%〜20%還元も
6月のコード決済キャンペーンも、「d払い」「PayPay」「au PAY」の3キャリア陣営によるものが多い。PayPayは抽選で決済金額の最大10倍(1000%)のPayPayボーナスを付与するキャンペーンを展開している。au WALLET ポイントがPontaに統合されたり、楽天ペイアプリからSuicaを発行可能になったりと、キャンペーン以外での動きも多い。(2020/6/8)

開業から3カ月、成果は:
「売れなかった」ハムサンド、カメラ50台で真相解明 高輪GW駅「無人決済コンビニ」の実力
高輪ゲートウェイ駅にオープンした無人コンビニ店舗「TOUCH TO GO」。無人化によるコスト削減に注目が集まる一方、データ活用という点でも大きな可能性を秘めている。約50台のカメラ映像を分析し「POS端末では分からなかったこと」が見えてきた。(2020/6/8)

1990年代の東京をひたすら撮影 動画数百本を投稿したYouTubeチャンネルがすごい
当時の生活が伝わってくる。(2020/6/6)

1カ月で1000件以上の契約書:
契約書を全面電子化へ LINEの挑戦
新型コロナウイルスの感染拡大を受け、在宅勤務を推奨してきたLINE。しかし押印担当者は毎日出社を余儀なくされていたという。そこで契約書の電子化を進めたが、大きな課題も見えてきた。(2020/6/4)

「Suica」「ICOCA」に「モス」「マック」 企業・ICカード・ゲーム機などをイメージしたファッションがナイスデザイン
おすしってこんなにかわいいのか……!(2020/5/31)

マイナンバーカードで給付金10万円をスマホから申請、さらに5000円還元もゲットする方法
特別定額給付金の申請と受け取りが始まっています。マイナンバーカードがあれば、申請はスマホで済みます。オンラインでの申請方法について解説しましょう。(2020/5/31)

技適マークのない無線機器を利用できる制度で「Web申請」がスタート アカウントを作ればWebで手続き完結(注意点あり)
「技適マーク」を表示していない無線機器を実験目的で一時利用できる「技適未取得機器を用いた実験等の特例制度」。その「先行運用期間」が終了し、無線局の申請から廃止までをWeb手続きできるシステムの運用が始まった。アカウントを取得した上で、総務省が指定する「本人確認」を行えば利用できる。(2020/5/27)

「今後の軸の一つに」:
生体認証技術の日本展開を加速する仏セキュリティ大手
安全性や利便性の観点から、指紋や顔、光彩などを用いて個人を認証する「生体認証」の利用が近年拡大している。セキュリティ/認証技術世界大手のIDEMIA(アイデミア/日本法人:アイデミア・ジャパン)は、2020年から「非接触型指紋認証デバイス」の日本展開を開始。独自技術を用い、触れることなく迅速な本人認証が可能となるデバイスで、オフィスや工場のアクセス管理のほか、施設内での決済など用途を拡大していく方針だ。今回、同社の事業内容や日本市場での展開について、アイデミア・ジャパン代表取締役の根津伸欣氏に話を聞いた。(2020/5/26)

Suica決済に対応したGarminのスマートウォッチで買い物レビュー ついにApple Watch以外の選択肢が登場
Suica決済に対応したGarminのスマートウォッチをレビュー。Apple Watchなど他のスマートウォッチとも比較しつつ、Suica対応スマートウォッチとしての実力を見てみた。(2020/5/22)

PayPay、LINE Payと提携し紙の領収書を不要に 経費精算クラウドのコンカーは何を目指すのか?
経費精算クラウドサービスのコンカーは、経費精算を楽にするのではなく「なくしてしまう」ことを目指すと話す。そのためのステップの1つが、各種キャッシュレス決済システムとの連携だ。今回、PayPay、LINE Payと提携し、紙の領収書を不要にする第一歩を踏み出した。(2020/5/20)

やっぱり:
首都圏の鉄道会社、決算はどうだった? 新型コロナの影響でこれからは
首都圏の鉄道会社が決算を発表し始めた。発表したのは、JR東日本、京王電鉄、東武鉄道、京成電鉄、相鉄ホールディングス。決算の内容は、やはり……。(2020/5/11)

古田雄介の週末アキバ速報:
シャッターが降りだして1カ月経ったアキバの今
緊急事態宣言が出された4月8日から1カ月が経過した秋葉原を歩くと、「当面の間、休業いたします」と貼られたシャッターを何十となく目にする。もちろん、Webカメラは今も枯渇したままだ。(2020/5/9)

10万円給付金をオンライン申請してみた 失敗しないために注意すべきポイントまとめ
特別定額給付金のオンライン申請が5月1日から順次始まった。PCやスマートフォンの操作に不慣れな人にとっては注意すべきポイントも多いが、ネットを使った行政サービスとして評価できる面もあり、今後の進歩を期待したい。(2020/5/7)

中国で巻き起こる“ダメマスク狂騒曲” テクノロジーで粗悪品を規制も、穴をすり抜け流通
“アベノマスク”に粗悪品が混ざっていたと報じられている。そのマスクの中には、中国製のものも含まれているようだ。現地で作られるマスクはそんなにひどいのか。中国を専門とする筆者が、現地の模様を解説する。(2020/5/2)

10万円給付金、オンライン申請受付スタート 679の自治体で
政府が国民に一律10万円支給する「特別定額給付金」のオンライン申請受付を一部の自治体で始めた。マイナポータルから手続きできる。(2020/5/1)

産業動向:
海外事業を評価され、大林組やIHIインフラシステム、安藤ハザマがJapaCon国際賞を受賞
国土交通省は、海外で建設プロジェクトや技術提供などで活躍する国内の建設会社と中堅・中小建設関連会社を評価し、海外展開を後押ししている。(2020/4/30)

沖縄「ゆいレール」はなぜSuicaに対応したのか 地方鉄道に広がる交通系ICの「片利用」
沖縄県で唯一の鉄道路線「ゆいレール」が、JR東日本の交通系ICカード「Suica」の運用を始めた。しかし、Suicaと相互利用できるようにはならない「片利用」という形式だという。OKICAとSuicaはどのような関係になるのか。調べてみると、地方鉄道の生き残る道が見えてきた。(2020/4/24)

東京都内の落とし物、キャッシュレス化でも現金は過去最高39億円分 ドローンや車いすも
2019年、東京都内で届けられた落とし物が史上最多となったことが分かった。キャッシュレス化が進んだにも関わらず、現金の落とし物も過去最高額を記録。ドローンや車椅子などの落とし物もあったという。(2020/4/22)

本当に効率を上げるためのSaaS:
日本の生産性を押し下げる「経費精算」が無くならない根本理由
多くの会社員にとって、最も身近な事務処理、経費精算。しかし社員、経理担当者の双方にとって経費精算処理の難しさは、領収書などの原本回収が必須になることだ。電子帳簿保存法の改正はあったが、現時点でも導入企業はたったの2000社弱。中小企業にとってはむしろ導入コストや運用コストが増えるだけで、ほとんどメリットがないのが電子帳簿保存法だ。(2020/4/22)

10万円給付金をネット申請できるのは一部だけ? 「マイナポータル」にログインしてみた
政府は、国民に一律10万円を支給する緊急経済対策を閣議決定した。給付金の申請はネットからも行えるが、ポータルサイト「マイナポータル」にマイナンバーカードを“読み込ませて”ログインする必要があり、すでにマイナンバーカードと対応スマホなどを持つ人の特権となりそうだ。(2020/4/21)

1人10万円の現金給付、どうやってもらう? 申請方法などのまとめ
郵送かオンラインですが、オンラインには「マイナンバーカード」が必要。(2020/4/21)

AI:
0.3秒で照合するAI顔認証の提供開始、アズビルとJCVが提携
アズビルは、BAS(ビルオートメーションシステム)の新たな付加サービスとして、日本コンピュータビジョンの顔認証システムを提供する。AIの顔認証では、カードやパスワードが不要かつ0.3秒で本人照合するため、ウォークスルーでの建物の入退場が可能になる。(2020/4/21)



にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。