ITmedia NEWS > ベンチャー人 >
ニュース
» 2010年09月13日 20時20分 公開

ニフティと協業したいソーシャルアプリメーカー募集 開発費やインフラ負担

ニフティは、ソーシャルアプリメーカーを資金面やインフラ面で支援し、アプリからの収益をシェアする「ソーシャルアプリ・アライアンスプログラム」の参加メーカーの募集を始めた。

[ITmedia]

 ニフティは9月13日、ソーシャルアプリメーカーを資金面やインフラ面で支援し、アプリからの収益をシェアする「ソーシャルアプリ・アライアンスプログラム」(SAAP)の参加メーカーの募集を始めた。

 アプリ開発の初期費用の80%をニフティが負担するほか、24時間・365日監視のサーバやネットワークなどインフラを提供。負荷試験やユーザーサポート、集客・プロモーションなども支援する。

 当初は収益の80%をニフティが受け取るが、ニフティが初期コストを回収した時点で取り分を50%に下げる。コンテンツの著作権やプログラムの権利は原則、ニフティが持つ。

 9月21日に同社(東京・大森)で説明会を開く。募集は10月15日まで。12月中には第1弾ソーシャルアプリを提供する計画だ。今年度中に10社以上との協業を目指す。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.