ITmedia NEWS > 企業・業界動向 >
ニュース
» 2010年09月28日 07時00分 公開

日テレがフラッシュマーケティングに参入 ソーシャルアプリも

日テレは、フラッシュマーケティングサイトやソーシャルゲーム、アプリポータル事業に乗り出す。

[ITmedia]

 日本テレビ放送網株式会社は9月27日、フラッシュマーケティングサイトやソーシャルゲームなど3事業に乗り出すと発表した。広告以外の収入拡大などを目的に設置した「インキュベーション委員会」(委員長:細川知正社長)の応募アイデアから事業化を決めた。

 テレビ番組と連携したフラッシュマーケティング型クーポン共同購入サイト「日テレ ぐるチケ」をスタートするほか、ソーシャルゲーム事業として、ニュースバラエティ「スッキリ!!」と連携したゲームなど2種類をモバゲータウンで展開する。

 日テレグループが制作・販売するスマートフォン向けアプリポータル「日テレアプリ」も企画。社内外からアプリの企画を広く募り、収益獲得につなげる。テレビ番組と連動したレコメンドサイトの事業化も検討していく。

 インキュベーション委員会の応募750アイデアから3事業を「ビジネストライアル案件」として採用した。1〜2年の期間を定め、企画提案者とビジネス推進部を中心に事業を展開。採算性を見極めていく。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.