ITmedia NEWS > 製品動向 >
ニュース
» 2013年10月10日 20時51分 公開

「全機種がドコモの顔だ」──冬春モデルは控えめに「おすすめ3機種」 独自のニュースキュレーションも (2/2)

[岡田有花,ITmedia]
前のページへ 1|2       

ニュースキュレーション「マイマガジン」独自開発

 スマートフォン新機種に搭載した新UI「LIVE UX」は、ホーム画面を上方向にスワイプするとアプリ一覧が、下方向にスワイプするとニュースキュレーションサービス「マイマガジン」が表示される仕組み。アプリ一覧の下部にはホーム画面が“チラ見え”しており、よく使うアプリを簡単にホーム画面に登録できる。


画像 ホーム画面から下にスワイプするとニュースが表示される
画像 記事をタップすると、見出しと冒頭の一部、画像が表示される。記事全文を読みたい場合はリンクから元サイトにアクセスする
画像 ジャンルを選んで読める

画像 「まとめサイト」というジャンルもある

 マイマガジンは、同社が独自に開発したニュースキュレーションサービスだ。「dメニュー」のニュースと、ネット上で各社が公開しているニュース記事から、ユーザーの趣向にあったニュースの見出しと冒頭、写真を引用し、雑誌のようなユーザーインタフェースで見せる仕組みだ。

 ユーザーは「政治」「経済」「エンタメ」「まとめサイト」などジャンルを選んでニュースを読めるほか、マイマガジン上で読んだニュースの履歴から好みを学習し、好みに合うニュースを反映。Twitterと連携させれば、ユーザーがフォローしている芸能人を把握し、その芸能人に関連するニュースを優先表示させる。

docomo ID認証本格導入 dマーケットは“キャリアフリー”に

 「これからはキャリアフリーだ」――従来、回線ベースで行っていたユーザー認証は、11月13日から独自のID「docomo ID」に転換。他社回線契約者もドコモのビジネスに取り込んでいく。

 認証をdocomo IDに転換することで、FOMAやXi、Wi-Fiなど異なる通信回線間・異なるデバイス間で同じサービスを利用できるようにするほか、クラウド型メールサービス「ドコモメール」は、ドコモの回線契約がない2台目以降のスマートフォンやタブレット、PCなどのWebブラウザからも利用できるようになる。

 コンテンツ配信やショッピングを提供するサービス「dマーケット」も来年3月までにキャリアフリー化。10月30日から順次、新規3ストアをオープンする。マガシークと共同で展開するファッションEC「dファッション」、JTBとの協業でオリジナル旅行プランを購入できる「dトラベル」、ベネッセなどからコンテンツの提供を受け、安心して使える教育サービスを目指した「dキッズ」――の3つだ。

 キャリアをまたいだコンテンツサービスを充実させ、ドコモ以外の顧客にもスマートフォン向けサービスを提供することなどを通じ、「お客様のスマートライフのパートナーになりたい」と加藤社長は話している。

前のページへ 1|2       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.