ITmedia NEWS > 速報 >
ニュース
» 2016年06月01日 13時58分 公開

MicrosoftとXiaomiが提携拡大──クロスライセンスや端末へのOffice搭載で

MicrosoftとXiaomi(小米科技)が提携を拡大し、XiamiがMicrosoftから約1500件のライセンスを買収し、Android端末にMicrosoft OfficeとSkypeをプリインストールする。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 米Microsoftと中国Xiaomi(小米科技)は5月31日(現地時間)、モバイル端末での提携を拡大したと発表した。

 この提携拡大は、クロスライセンス契約およびXiaomiによるMicrosoftの特許買収を含む。具体的な特許については公表されていないが、米Wall Street Journalによると、Xiaomiが約1500件のMicrosoftの特許を買収したという。それらの特許には、音声コミュニケーション、マルチメディア、クラウドコンピューティング関連の特許が含まれるとWall Street Journalは報じた。

 クロスライセンスは、韓国Samsung Electronicsや台湾HTCなどがMicrosoftと契約しているAndroid関連の契約と同様のものとみられる。

 また、この提携の下、Xiaomiは自社のAndroid端末に「Microsoft Office」および「Skype」をプリインストールする。

 xiaomi Officeアプリは、現在はアプリストアから無料でダウンロードできる

 両社は2015年3月、Xiaomiの「Mi 4」に「Windows 10」のROMパックをリリースする提携を発表した。今回の発表はその提携を拡大するというものだ。

 Microsoftは既に20社以上のメーカーとの提携で、Android端末にOfficeやSkypeをプリインストールさせている。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.