ITmedia NEWS >
ニュース
2016年06月12日 15時34分 UPDATE

WWDC 2016直前うわさまとめ

米Appleの年次開発者会議「WWDC 2016」を数日後にひかえ、これまでのうわさをまとめた。

[ITmedia]

 米Appleの年次開発者会議「WWDC 2016」が6月13日(現地時間)から米カリフォルニア州サンフランシスコで開催される。日本時間の14日午前2時からWebサイトでライブ中継される基調講演で発表されそうな項目のうわさを、既報のものを含めてまとめた。

 wwdc 1

 Appleは例年、ハードウェアは秋に発表することが多く、WWDCは(当然だが)開発者向けのソフトウェアや開発環境に関する発表が中心だ。

Siri:OS X版+サードパーティーへの開放

 アイティメディアでも2月に報じたが、iPhoneのパーソナルアシスタント「Siri」がMacのOSである「OS X」にも搭載されることが発表されるとみられる。OS X版Siriはメニューバーの右端にマイクアイコンとして表示され、「Hey, Siri」でも起動できるという。

 また、米Amazon.comのAlexaのように、サードパーティーに開放するといううわさもある。これにより、Siriにピザの発注や配車を依頼できるようになるかもしれない。

 さらに、Amazon Echoや米Googleの「Google Home」のようなパーソナルアシスタント端末のうわさもあるが、これがWWDCで発表される可能性は低そうだ。

Apple Musicの大幅アップデート

 5月のうわさ以降に特に新情報は追加されていないが、次期iOSのApple Musicはユーザーインタフェースが刷新され、「Connect」タブがなくなるといわれている。

Apple PayのWebブラウザ対応

 米Recodeの3月の記事によると、Appleはモバイル決済サービスの「Apple Pay」(日本ではまだ使えない)が、年内にWebブラウザで利用できるようになるという。その発表の場がWWDCになる可能性がある。

次期iOSの新機能

 上記のApple Musicの刷新の他に、Siriの機械学習機能やボイスメール機能追加、「写真」の機能強化、3D Touchの強化などが紹介されるという。

次期OS Xの新機能

 Siri追加の他に、名称が「OS X」から「MacOS」あるいは「macOS」になるといううわさもある。

次期watchOSおよびtvOSの新機能

 Apple WatchのOSである「watchOS」およびApple TVのOS「tvOS」の次期版についての説明もあるとみられるが、具体的なうわさは特にない。

Android版iMessage?

 MacRumorsが、メッセンジャーアプリ「iMessage」のAndroid版が発表されるという記事を9日に掲載している。

新MacBook Air(?)

 ほとんどの米メディアはハードウェアは発表されないとしている。日本のMacお宝鑑定団Blogは8日、次期MacBook Airを今月中に発表し、8月から出荷するという予測を掲載した。WWDCで発表されるかどうかは不明としているが、可能性はありそうだ。


 基調講演は、iOS 7以降搭載のiPhone、iPad、iPod touchのSafariブラウザ、OS X v10.8.5以降搭載のMacのSafariブラウザ(バージョン6.0.5以降)、Windows 10搭載PCのMicrosoft Edgeブラウザ、バージョン6.2以降搭載の第2および第3世代Apple TV、第4世代Apple TVでライブストリーミングを視聴できる。

 基調講演を含むWWDC全体のセッションのスケジュールはこちらで確認できる。一部のセッションはライブストリーミングされる見込みだ。

 wwdc 2 セッションのスケジュール(一部)

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.