ITmedia NEWS > STUDIO >
ニュース
» 2016年08月12日 14時42分 公開

Microsoft、インタラクティブゲーム実況のBeamを買収、Xboxチームに統合へ

Microsoftが、視聴者がストリーマーと一緒にゲームプレイを楽しめるインタラクティブなゲーム実況サービスを手掛けるBeamを買収する。買収後、BeamはXboxチームに統合される。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 米Microsoftは8月11日(現地時間)、インタラクティブゲーム実況サービスを手掛ける米新興企業Beamを買収することで合意したと発表した。買収総額など取引の詳細は公表されていない。BeamのチームはMicrosoftのXboxチームに統合される。

 beam 1

 Beamは2014年創業のワシントン州シアトルに拠点を置く非公開企業。米Amazon.comが買収した米Twitchと同じようなゲーム実況プラットフォームを提供する。大きな特徴は、ストリーマーと一緒に視聴者もゲームをプレイできる点だ。マルチプレイゲームの場合、ストリーマーは視聴者と協力できる。

 beam 2 マインクラフトの実況

 Microsoftは「BeamをXboxファミリーに取り込むことで、Xbox Liveをよりソーシャルで楽しいものにするという目標に近づける。例えば「マインクラフト」の実況では、視聴者はお気に入りのストリーマーのプレイをリアルタイムで見るだけでなく、一緒にプレイすることができる。Beamのビジュアルコントロールで、ストリーマーのツールの選択や行動に影響を与えられる」としている。

 Beamは、Xboxチームに統合された後も、サービスに“当面は”変更はなく、Xbox以外のゲームプラットフォームの実況も可能なままだとしている。


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.