ITmedia NEWS > STUDIO >
ニュース
» 2016年08月30日 19時58分 公開

初開催「東京コミコン」の詳細明らかに VRゲーム体験会からコスプレまで ハリウッド俳優も来日

ポップカルチャーの祭典「東京コミックコンベンション2016」が12月に初開催。VRゲームなどの体験会のほか、ハリウッド俳優のサイン会や記念撮影の機会を設けるという。

[片渕陽平,ITmedia]

 12月2〜4日に千葉・幕張メッセで初開催される、漫画やアニメ、映画などのポップカルチャーのイベント「東京コミックコンベンション2016」の詳細を、運営元の東京コミックコンベンションが8月30日に発表した。ハリウッド俳優のサイン会に加え、コスプレなどのファッションショー、VR(仮想現実)ゲームの体験会なども行う。3日間で約3万人の動員を見込む。入場料は2500円の予定。

photo 左から、総合プロデューサーの伊藤圭一さん、実行委員長の胸組光明さん、実行委員会・名誉会長の山東昭子参議院議員、オーガナイザーのジョン・アルカンターさん

 米Appleの共同創業者のスティーブ・ウォズニアックさんと、米マーベル・コミック編集委員で「アメコミの父」と呼ばれるスタン・リーさんが発起人となり、「Silicon Valley Comic Con」(米サンフランシスコ、2016年3月に初開催)と姉妹関係のイベントとして立ち上げる。昨年12月の発表会では、ウォズニアックさんが「エンターテインメントと最新テクノロジーを融合させたイベントを目指す」と意気込んでいた(関連記事)。

 東京コミコンでは、スタン・リーさんに加え、映画「アベンジャーズ」「スター・ウォーズ」「ハリー・ポッター」などに出演したハリウッド俳優たちが来日する予定。トークショーでは日本の俳優とコラボしたり、声優がその場で吹き替えたり――といったイベントを検討しているほか、サイン会や記念撮影の機会も設けるという。

photo 東京コミコンのステージイベント
photo ハリウッド映画のマニア向けグッズを販売

 企業ブースも約120社が出展予定。ソニー・ピクチャーズのブースでは、12月公開予定の映画「バイオハザード:ザ・ファイナル」で撮影に使用した小道具や衣装を展示する。このほかVRゲームの体験ブース、VOCALOIDコーナー、海外アニメーターの作品展示エリア、各ジャンルのマニア向けグッズ販売ブース、コスプレエリアなどを用意するという。会場内でファッションショー「東京オタクコレクション」の開催も予定する。

photo リトル秋葉原も登場
photo コスプレエリア

 フードコート「ハリウッド×デパ地下」もオープンし、大相撲錣山親方(寺尾)のちゃんこ鍋やハリウッドのB級グルメを提供する予定という。

photo フードコート「ハリウッド×デパ地下」

 東京コミコン実行委員長の胸組光明さんは「会場の6割くらいがハリウッド文化の内容だが、東京開催のイベントらしく、日本文化の発信も考えている」と話す。「参加企業が個別に活動するだけでなく、異なる分野の企業同士がビジネスアイデアなどをマッチングし、新たなライセンス契約の場にもなるのでは」と期待を寄せている。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.