ITmedia NEWS > 科学・テクノロジー >
ニュース
» 2016年11月11日 15時59分 公開

5G回線で自動運転車を遠隔管制 ドコモとDeNAが実験へ

ドコモとDeNAは、運転手のいない自動運転車両の遠隔管制に、5G回線を活用する実証実験を共同で進めることに合意した。

[ITmedia]

 NTTドコモとディー・エヌ・エー(DeNA)は11月11日、運転手のいない自動運転車両の遠隔管制に、5G回線を活用する実証実験を共同で進めることに合意したと発表した。

画像

 まず、走行中の自動運転車に搭載したカメラで周辺の高精細映像を撮影し、5G回線で遠隔地のオペレーターのもとに届ける実験を始める。今後は両社のノウハウを組み合わせ、遠隔地からの自動運転車両の監視や乗客へのサポートなどの実現を目指す。

 11月17日〜18日に開催する「DOCOMO R&D Open House 2016」(場所:神奈川県横須賀市の「ドコモR&Dセンタ」)で、DeNAの無人運転バス「Robot Shuttle」に搭載したカメラから5Gで映像を伝送するデモンストレーション公開する。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.