ITmedia NEWS > 企業・業界動向 >
ニュース
» 2018年03月26日 17時43分 公開

NHKの人造アナウンサー「ニュースのヨミ子」さんはどうやって作られた? (2/2)

[村田朱梨,ITmedia]
前のページへ 1|2       

ニュースのヨミ子さん、活躍の場は?

 ヨミ子さんは、ニュースチェック11に毎週水曜「ヨミ子のニュース」という5分ほどのコーナーで登場予定。話題のニュースのリポートや番組キャスターとの掛け合いなどを行うという。

photo コーナー初回は4月4日だが、4月2日(月)にもヨミ子が顔を出す予定という

 スマートスピーカーでは、ニュース読み上げ機能として登場。「Google Home」シリーズなどGoogleアシスタント対応のものでは4月から、「Amazon Echo」シリーズなどAmazon Alexa対応のものでは6月から、聞きたいジャンルを選んでヨミ子さんにニュースを読んでもらえるという。

photo ヨミ子さんはスマートスピーカーにも登場

 3月26日の報道説明会で行われた実演では「ヨミ子につなげて」と話し掛けると起動し、最近のニュースの中から熊田専任部長が「スポーツ」を選ぶと、錦織圭選手の試合結果のニュースを読み上げた。その後ヨミ子さんの「他にも聞きたい?」と言う言葉に「はい」と答えれば次のニュースに進み、「いいえ」「終了」と声をかけると「NHKニュースチェック11、見てね!」とちゃっかり番宣をしてから終了した。

 4月の番組起用時点ではジャンル選択のみだが、将来的にはユーザーが指定したキーワードでニュースを検索し、該当ニュースの読み上げも行えるようにするという。

 また、ヨミ子さんはテレビに出演していない間は「スマートフォンに住んでいる」という設定。スマホサイトからはヨミ子さんと一緒に写真を撮影できるAR(拡張現実)機能や番組の告知などを提供する見込みだ。

photo ヨミ子さんと一緒に写真が取れるAR機能
前のページへ 1|2       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.