ITmedia NEWS > AI+ >
ニュース
» 2018年08月14日 16時04分 公開

ZOZO、アパレル「完全自動生産」へ 「スマート工場」エンジニア募集

ZOZOが、人手を介することなく完全自動で生産するための研究を進めている。衣料品の完全自動生産を行う工場「スマートファクトリー」構築に向け、エンジニアを募集中だ。

[ITmedia]

 「ZOZOTOWN」を運営するスタートトゥディはこのほど、ユーザーの体型に合った衣料品を提供するアパレルブランド「ZOZO」で、人手を介することなく完全自動で生産するための研究を進めていると明らかにした。衣料品の完全自動生産を行う工場「スマートファクトリー」構築に向け、エンジニアを募集している。

画像 スタートトゥディの告知

 前澤友作社長がTwitterで、「自動裁断機や縫製機、ロボットアームなどを組み合わせ、ZOZOのアパレル製品を自動生産するスマート工場を作ります」と宣言。まず国内でテストラインを立ち上げる計画といい、サーバサイドエンジニアと制御系アプリのエンジニアを募っている。

 同社のプライベートブランド「ZOZO」では、採寸用ボディスーツ「ZOZOSUIT」で計測した体型データに基づき、ユーザーのサイズに合わせたTシャツやGパン、スーツなどを販売している。ニット製品も開発中で、ニット製造機「ホールガーメント」(島精機製作所が開発)を活用することで「ほぼ無人」での製造が可能という。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.