ITmedia NEWS > 製品動向 >
ニュース
» 2018年08月20日 08時45分 公開

Arm、2020年には5nmのPC向けCPU──ロードマップ公開

ソフトバンク傘下の英Armが、ノートPC向けCPUのロードマップを公開した。2019年にはA76より15%性能アップの「Deimos」を、2020年には5nmの「Hercules」を投入する計画だ。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 ソフトバンク傘下の英Armは8月16日(現地時間)、2020年までのPC向けCPUのロードマップを発表した。年内には「Cortex-A76」の後継となる「Deimos(コード名)」をパートナー企業に提供するという。

 同社が6月に発表した7nmのCortex-A76は、Intelの最新「Core」プロセッサ(コード名:Skylake)の9割に相当する性能を実現できるとしていた。

 Deimosは、「Arm DynamIQ」技術をベースにしており、パフォーマンスはA76より15%向上するとしている。DeimosベースのPCは2019年中に登場する見こみ。

 Deimosの後、2019年には「Hercules(コード名)」をパートナー企業に提供する計画。こちらもDynamIQを採用し、7nmだけでなく、5nmプロセスにも最適化する見込みという。パフォーマンスが向上するだけでなく、消費電力と面積効率も10%向上するとしている。

 arm

 このロードマップは、間もなく迎える5G時代に対応するという。Armは「革新するパートナー企業とともに、米Intelのx86の支配を打ち破り、向こう5年間でWindows搭載ノートPCや米GoogleのChromebookで大幅な市場シェアを獲得する」としている。

 Armの言うパートナー企業の1社である米Qualcommは、Windows 10をサポートするArmベースのSnapdragon SoCを製造しており、台湾ASUS、中国Lenovo、米HPなどが既にArmベースのWindowsノートPCを発売している。

 arm 2 ASUSのSnapdragon搭載WindowsノートPC

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.