ITmedia NEWS > STUDIO >
ニュース
» 2018年08月23日 06時14分 公開

Walmart、楽天のRakuten Koboと提携で電子書籍サービス参入

Amazon.comと競合する米小売り大手のWalmartが、日本の楽天との提携により、電子書籍市場に参入した。WalmartのオンラインショップでRakuten Koboの電子書籍リーダーや電子書籍、オーディオブックを販売する「Walmart eBooks by Rakuten Kobo」を立ち上げた。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 米小売最大手のWalmartと楽天は8月22日(現地時間)、米国で電子書籍サービス「Walmart eBooks by Rakuten Kobo」(以下「Walmart eBooks」)の提供を開始したと発表した。Walmartの顧客にKoboの電子書籍リーダー、電子書籍、オーディオブックなどを提供する。

 kobo 1

 楽天は2011年、カナダの電子書籍企業Koboを約236億円で買収し、子会社化した。日本では約300万冊の電子書籍を提供している。

 Walmart eBooksは両社が1月に発表した戦略的提携の一環。日本ではWalmartの日本法人である西友と楽天がネットスーパー「楽天西友ネットスーパー」を今月から共同運営している。

 Walmart eBooksでは、Koboの電子書籍リーダー(99.99ドルから)や600万点以上の電子書籍を購入できる他、月額9.99ドルで毎月1冊オーディオブックを購読できるサブスクリプションサービスも提要する。Walmartのオンラインストアでは既に電子書籍リーダーを販売している。

 kobo 2

 Walmartは米Amazon.comに小売市場で脅かされており、インドEC最大手Flipkartの買収米Microsoftとの提携などで対抗しようとしている。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.