ITmedia NEWS > セキュリティ >
ニュース
» 2018年08月27日 10時15分 公開

米T-Mobileに不正アクセス、顧客200万人の個人情報が流出した恐れ

報道によると、T-Mobileの広報は取材に対し、不正アクセスされたデータの中には「暗号化されたパスワード」が含まれていたことを明らかにしたという。

[鈴木聖子,ITmedia]

 米通信大手T-Mobileは、同社の情報に対する不正アクセスが発覚し、一部顧客の個人情報が流出した可能性があることが分かったと発表した。

 T-Mobileによると、流出した可能性があるのは、顧客の氏名、郵便番号、電話番号、電子メールアドレス、アカウント番号、アカウントの種類など。一方、クレジットカード情報などの決済情報や社会保障番号は含まれず、パスワードは被害に遭っていないと説明している。

 不正アクセスは2018年8月20日に社内で発覚して阻止し、当局に通報したという。

photo T-Mobileの発表

 メディア各社は、今回の事件でT-Mobile利用者約200万人の情報が流出した可能性があると伝えている。米Motherboardによれば、T-Mobileの広報は取材に対し、不正アクセスされたデータの中には「暗号化されたパスワード」が含まれていたことを明らかにした。パスワードが暗号化されていたことから、被害に遭った(compromised)とは判断しなかったと説明しているという。

 流出したとされるユーザーパスワードについて、セキュリティ研究者は、脆弱なことで悪名高いMD5のハッシュ関数が使われている可能性を指摘しており、簡単に破られてしまう恐れがあるとMotherboardは伝えている。

関連キーワード

T-Mobile | 不正アクセス | 個人情報漏洩


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.