ITmedia NEWS > セキュリティ >
ニュース
» 2018年08月31日 11時15分 公開

Googleの多言語暗号ライブラリ「Tink」、クラウドやAndroid、iOSに対応

Googleによると、Tinkの目的は、セキュアで簡単に正しい使用ができ、悪用が難しい暗号APIを提供することにある。

[鈴木聖子,ITmedia]

 米Googleは8月30日、多言語のクロスプラットフォーム暗号ライブラリ「Tink」のバージョン1.2.0を公開し、初めてクラウドとAndroidおよびiOSをサポートしたと発表した。

 Googleによると、Tinkはプロジェクトの初期段階からオープンソースとしてGitHubで公開しており、Google社内でもAdMobやGoogle Payなど多数の製品でデータ保護のために利用している。

photo Google Security Blog

 「Tinkの目的は、セキュアで簡単に正しい使用ができ、悪用が難しい暗号APIを提供することにある」と同社は説明。「BoringSSL」や「Java Cryptography Architecture」といった既存のライブラリをベースとしながら、そうしたライブラリの多くの弱点に対して対策を講じたとしている。

 Tinkでは、データ暗号化やデジタル署名などの暗号化処理も、わずか数行のコードで実装できるという。一方で、できる限り多くの悪用を防ぐための対策も講じた。

 拡張性の高い設計も特徴で、カスタム版の暗号スキームや社内の鍵管理システムを追加して、Tinkの他のパーツとシームレスに連携させることも簡単にできると説明している。

関連キーワード

Google | 暗号化 | オープンソース


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.