ITmedia NEWS > 企業・業界動向 >
ニュース
» 2018年09月03日 12時43分 公開

UQ 、「WiMAX」を2020年3月末で終了 利用者には「WiMAX 2+」への移行呼び掛け

UQコミュニケーションズが無線通信サービス「WiMAX」の提供を2020年3月末で終了すると発表した。利用者には「WiMAX 2+」への移行を促している。

[ITmedia]

 UQコミュニケーションズは9月3日、無線通信サービス「WiMAX」の提供を2020年3月末で終了すると発表した。WiMAXで利用している周波数帯(10MHz)をより高速な「WiMAX 2+」に切り替え、「より快適な通信サービスを提供する」(同社)という。WiMAX端末を利用しているユーザーには、WiMAX 2+対応機種への移行を促している。

photo WiMAXを終了し、利用していた周波数帯をWiMAX 2+で活用する計画
photo WiMAXが利用できなくなる対象機種の例(プレスリリースより)

 これにより「UQ Flat年間パスポート」「UQ Flat年間パスポートハート割」「UQ Flat」「UQ Step」「UQ 1Day」などのUQ WiMAX対応プランも終了予定。WiMAX 2+への移行を促すため、10月1日から2020年3月10日までWiMAX契約解除料や端末代金などを無料とし、「UQ Flatツープラスギガ放題」などのプランを割引価格で提供するキャンペーンも実施する。申し込みは専用サイトから受け付ける。

photo 10月1日から実施するキャンペーンの内容

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.