ITmedia NEWS > 製品動向 >
ニュース
» 2018年10月02日 11時34分 公開

バルミューダのトースター初期型に漏電の可能性 現行品に無償交換

「BALMUDA The Toaster」の初期型製品に漏電の可能性。現行製品に無償交換する。

[ITmedia]

 家電ベンチャーのバルミューダは10月1日、2015年に発売した、スチーム機能を備えたトースター「BALMUDA The Toaster」の初期型製品を、現行製品に無償交換すると発表した。一部製品でスチーム機能に不具合があり、ごくまれに漏電する可能性があることが分かったため。不具合に関連する重大事故は起きていないという。

画像 バルミューダの告知

 交換するのは、2015年に発売し、17年1月に生産終了した型番「K01A」シリーズの製品。一部製品でスチーム機能に不具合が生じることが分かり、不具合のある製品を継続して使用した場合、ごくまれに漏電する可能性があることが判明したという。

 対象の製品を引き取り、17年に発売した現行製品「K01E」シリーズの同色モデルと交換する。型番の確認方法や交換申込みの方法は、Webサイトで案内している。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.