ITmedia NEWS > STUDIO >
ニュース
» 2018年10月02日 15時05分 公開

ランナー向け耐汗イヤフォン「Jaybird」に新2モデル IPX7防水、8時間再生 1万3880円から

スポーツ向けイヤフォンブランド「Jaybird」から、Bluetoothイヤフォンの新製品2モデルが発売する。

[山口恵祐,ITmedia]

 ロジクールは10月2日、スポーツ向けイヤフォンブランド「Jaybird」から、Bluetoothイヤフォンの新製品として「Jaybird X4」と「Jaybird TARAH」を日本で発売すると発表した。発売日と価格は、Jaybird X4が10月11日で1万6880円、Jaybird TARAHが25日で1万3880円(いずれも税別)。

photo 「Jaybird X4」

 いずれもバッテリーやワイヤレス機能などの主要部品をイヤフォンの本体(ハウジング)に内蔵し、左右のハウジングをケーブルでつないだボックスレス型を採用。従来機からスポーツ向けとして防汗・耐水性能を売りにしていたが、両製品は新たに水深1メートルに30分沈めても内部に浸水しない「IPX7」相当の防水構造であることを明記した。

 これまでのシリーズと同様に汗や油分に耐えられる構造で、真水試験で行うIPX以上の性能を持っているという。しかし、市場でIPX規格の認知度が上がり、問い合わせが増えたことから、IPX7の取得に至った。

 両機種ともに、付属イヤーチップはシリーズで初めてシリコン製の外皮にジェルを包んだ新開発のイヤージェルを採用。耳の形に自然とフィットして密閉感が増すという。ケーブルには、長さを絞ってランニング時の揺れを抑える機構「スピードシンチ」を搭載した。

photo 「Jaybird X4」

8時間再生で“シュア掛け”もできる「Jaybird X4」

 Jaybird Xシリーズの4世代目。リチウムイオンバッテリーを内蔵し、2時間の充電で最大8時間の音楽再生やハンズフリー通話が可能。10分間の充電で1時間の再生ができるクイック充電に対応する他、イヤフォン本体の独自の充電端子を備え、付属のクリップ式USBケーブルで充電する。

photo 「Jaybird X4」

 3サイズのイヤージェルとフィン(クッションパーツ)の他、米Comply製の専用低反発イヤーチップも付属。いわゆる“シュア掛け”と呼ばれる、耳の上にケーブルを通すように装着することも可能で、激しい動きをしても耳から外れにくいという。

 本体のカラーバリエーションは、BLACK METALLIC/FLASH(BMF)、STORM METALLIC/GLACIER(SMG)、ALPHA METALLIC/JADE(AMJ)の3色。

 Bluetoothのバージョンは4.1。対応プロファイルはHFP、HSP、A2DP、AVCRP、SPP。イヤフォン本体のボタンで電源、再生/一時停止、曲送り、受話/終話などの基本操作が行える。サイズは501(幅)×13.0(奥行き)×23.6(高さ)ミリ、重さ14.8グラム(本体のみ)。

6時間再生、シンプルな「Jaybird TARAH」

 Jaybirdシリーズの新モデル「Jaybird TARAH」もリチウムイオンバッテリーを内蔵し、1.5時間の充電で最大6時間の音楽再生やハンズフリー通話が可能。こちらも10分間の充電で1時間の再生ができるクイック充電に対応する他、イヤフォン本体の独自充電端子に付属のクリップ式USBケーブルを取り付けて充電する。

photo 「Jaybird TARAH」

 3サイズのイヤーチップ一体型フィン(クッションパーツ)が付属。本体のカラーバリエーションは、BLACK/FLASH、NIMBUS GRAY/JADE、SOLSTICE BLUE/GLACIERの3色。

 対応プロファイルはJaybird X4と共通で、Bluetoothのバージョンのみ5.0となる。サイズは476.4(幅)×13.25(奥行き)×19.7(高さ)ミリ、重さ13.85グラム(本体のみ)。

photo 「Jaybird TARAH」

 モデル名はTARAH(タラ)と読む。メキシコ北西部、標高2000メートル級の山岳地帯で常に走ることが日常という先住民「タラウマラ族」からネーミングした。

アプリでイヤフォン本体に音質設定を保存できる

 両機種ともにペアリングしたスマートフォンに専用アプリ(iOS/Android、無料)をインストールすると、イコライザなどを変更して好みの音にカスタマイズできる。さらに設定をイヤフォン本体に保存できるため、他のデバイスとペアリングしても音質の設定が引き継がれるのが特徴だ。アプリでは付属品の使い方ガイドが見られる他、アプリ経由でイヤフォンのファームウェアアップデートなども行える。

photo

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.