ITmedia NEWS > 企業・業界動向 >
ニュース
» 2018年10月24日 18時36分 公開

仮想通貨交換業者の登録プロセスを明確化 金融庁が資料公開

金融庁が仮想通貨交換業者の登録プロセスを明確化するための資料を公開した。新規参入を希望する事業者には、ビジネスプランのヒアリング、リスク管理方法などの書面審査、書面で確認した内容の実効性を確認する訪問審査などを実施する。

[村田朱梨,ITmedia]

 金融庁は10月24日、仮想通貨交換業への新規参入を希望する事業者に向け、登録審査のプロセスを明確化・迅速化するための資料を公開した。金融庁は2017年4月施行の改正資金決済法で仮想通貨取引所を登録制としたが、新規参入を希望する事業者は後を絶たない。登録プロセスを明らかにすることで、透明性を高める狙い。

 資料によると、事業者の登録に当たっては、まずビジネスプランが明確であるか、それに応じたリスクの洗い出しや内部管理体制を整備しているかなどをヒアリング。その後、具体的な内部管理方法などについて書面審査を行い、現場での運用状況を確認するために訪問審査も実施する。

photo 「仮想通貨交換業者の登録審査プロセス」より

 中でもリスク管理については、資金決済法に基づく自主規制団体に認定した「日本仮想通貨交換業協会」が定めるルールも参照するとしている。

 事業者ヒアリング用の質問票も公開した。内容は、仮想通貨交換業への参入経緯やビジネスモデル、社内体制など幅広い内容について具体的な回答を求めるもの。1月に起きたコインチェックの仮想通貨流出事件などでも問題となった「ホットウォレットなどの利用状況」「仮想通貨の秘密鍵の運用状況」に関する質問も盛り込んでいる。

photo 「仮想通貨交換業者の登録審査に係る質問票(平成30年10月時点)」より

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.