ITmedia NEWS > 企業・業界動向 >
ニュース
» 2018年11月15日 16時10分 公開

DeNA、タクシー配車サービスの名称を「MOV」に 都内進出で「タクベル」から変更

DeNAがタクシー配車サービス「タクベル」の名称を12月5日から「MOV」(モブ)に変更する。

[ITmedia]

 ディー・エヌ・エー(DeNA)は11月15日、タクシー配車アプリ「タクベル」の名称を12月5日から「MOV」(モブ)に変更すると発表した。全国展開に向けたリブランディングの一環で、ロゴも上空から見たクルマを表したものに変更する。同日から東京23区内でもサービスの提供を始める。

photo 「タクベル」が「MOV」に名称変更

 タクベルは、アプリ上の地図で指定した場所にタクシーを呼べる配車アプリ。4月に神奈川県タクシー協会の協力のもと、横浜、川崎エリアでサービスを開始。同県内で提供エリアと提携タクシー会社を拡大してきた。10月には都内でのサービス展開を発表し、名称変更を予告していた。

photo 「タクベル」の特徴
phot 現在のサービス提供エリア

 同社は今後、各地のタクシー事業者と連携し、都市圏を中心にサービスを拡大予定。2019年春には京阪神エリアへの進出も予定している。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.