ITmedia NEWS > 企業・業界動向 >
ニュース
» 2018年11月15日 17時06分 公開

大阪市も納税に「LINE Pay」活用 市民税や固定資産税に対応

LINE Payが12月14日から大阪市の税金の納付に対応する。

[ITmedia]

 LINE Payは11月15日、大阪市の税金の支払いにLINE Payを使えるようにすると発表した。12月14日から、個人の市・府民税、固定資産税などの納付に対応。支払いの手間を軽減し、払い忘れ防止や納付率向上につなげる狙い。

 請求書に記載されたバーコードをスマートフォンで読み取って支払う「請求書支払い」機能を活用。納税者は、送付された納付書のバーコードをLINEアプリ内にあるLINE Pay機能で読み取り、パスワードを入力して決済できる。

photo 「請求書支払い」の利用方法

 対象となるのは、個人市・府民税(普通徴収、特別徴収)、固定資産税・都市計画税(土地・家屋)、固定資産税(償却資産)、軽自動車税、法人市民税、事業所税、市たばこ税、入湯税。

photo LINE Payで支払える納付書一覧

 「LINE Pay」は、LINEと連携した送金・決済サービス。神奈川県も同サービスの導入を発表している

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.