ITmedia NEWS > ネットの話題 >
ニュース
» 2018年11月21日 10時37分 公開

持ち物現金化アプリ「CASH」で買い取った品のオークションサイト開設 100円スタート、企業向け

持ち物を即座に現金化できるサービス「CASH」で買い取ったファッションアイテムを販売するオークションサイトがオープン。中古品販売などを手掛ける企業向けだ。

[ITmedia]

 ベンチャー企業のバンクは11月20日、持ち物を即座に現金化できるサービス「CASH」で同社が買い取ったファッションアイテムを販売するオークションサイト「CASH Mall」(キャッシュモール)を、中古品販売などを手掛ける企業向けにオープンした。

画像
画像

 オークションでは常時300アイテムをそろえ、午前0時から翌日の午後11時まで販売。アイテムは毎日更新する。価格は100円からスタート。「通常の二次流通市場の平均販売価格よりも安く仕入れられる」としている。即決価格ですぐ買い取ることもできる。

 事業者アカウントを登録するだけで無料で利用でき、配送料も当初は無料だ。

 同社は「CASH Mallを通して大量のリユース品を低価格に提供することで、リユース事業の発展に貢献する」としている。

 CASHは昨年6月にスタート。サービス開始初日の28日だけで3億6000万円分以上の利用があり、話題になった。ファッションアイテムのほか、中古車や金券などの買い取りも行っている。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.