ITmedia NEWS > 企業・業界動向 >
速報
» 2018年12月18日 10時59分 公開

Google、ニューヨークオフィス拡大に1億ドルを投じ、同地での雇用倍増へ

Googleが、ニューヨークキャンパスを拡大し、同地での雇用を現在の2倍の1万4000人にすると発表した。Amazon.comの第2本社より中心地に近いハドソン川沿いだ。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 米Googleは12月17日(現地時間)、10億ドル(約1128億円)を投じ、ニューヨークに新キャンパス「Google Hudson Square」を建設すると発表した。ハドソン川沿いのウェストヴィレッジの南でリースした約15万8000平方メートルのスペースを使う。

 nyc Google Hudson Square予定地

 Googleは2006年にマウンテンビューの本社以外の初のオフィスをニューヨークに構えた。その後拡大し、今年の3月にオフィス拡大のためにチェルシーマーケットを24億ドルで購入したばかりだ。

 Googleは、Google Hudson Squareを本社に次ぐ大規模キャンパスにする計画。完成段階には同地の従業員は現在の7000人から倍増し、1万4000人になる見込みだ。

 nyc 2 Googleがリースしたハドソンストリートのビル

 ニューヨークには、Googleとなにかと競合する米Amazon.com第2キャンパスを開設する計画だ。

 いわゆる「プラットフォーマー」による米国内でのキャンパス拡大の発表が相次いでいる。米Appleも先週、テキサス州オースティンに10億ドルを投じて新キャンパスを開設すると発表した。このキャンパスでは1万5000人を雇用する計画だ。

 米Facebookはカリフォルニア州メンロパークの本社キャンパスを拡張し、パブリックスペースや住宅を追加することで地域に貢献するとしている。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.