ITmedia NEWS > 企業・業界動向 >
速報
» 2018年12月21日 09時55分 公開

Apple、Googleから引き抜いたAI担当者ジャナンドレア氏を幹部チームに昇格

Appleが4月にGoogleから引き抜いた機会学習およびAI担当者を上級副社長に昇格し、「Apple Leadership」チームに迎えた。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 米Appleは12月20日(現地時間)、7月に機械学習&AI戦略責任者に就任したジョン・ジャナンドレア氏(53)を機械学習&AI戦略担当上級責任者に任命し、幹部チームに迎えたと発表した。公式サイトの「Apple Leadership」ページではソフトウェアエンジニアリング担当上級副社長のクレイグ・フェデリギ氏とCDO(最高デザイン責任者)のジョナサン・アイヴ氏の間に表示されるようになった。

 john 1 現在のApple Leadershipページ
 john 2 前日のApple Leadershipページ

 Appleは4月に米Googleからジャナンドレア氏を引き抜いた。同氏はGoogleでもAI事業と検索事業の責任者を務めていた。

 ジャナンドレア氏は、機械学習フレームワークCore MLやAIアシスタントSiriの開発だけでなく、Appleの全製品およびサービスのAIと機械学習の戦略を統括する。ティム・クックCEOは発表文で「機会学習のAIはAppleの未来にとって重要だ。AI業界のリーダーであるジョン(ジャナンドレア氏)にこのような重要分野を任せられることを嬉しく思う」と語った。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.