ITmedia NEWS > 企業・業界動向 >
ニュース
» 2018年12月25日 14時50分 公開

“爪のゆがみ”で手の動きを捉える小型センサー、IBMが開発

IBMがわずかな爪のゆがみを検出して手の動きや震えなどを推測する小型センサーのプロトタイプを開発したと発表した。

[ITmedia]

 米IBMの研究部門であるIBM Researchはこのほど、わずか数ミクロン(1ミクロン=0.001ミリ)の爪のゆがみから、手や指の動きを検知できる小型センサー(以下、爪センサー)のプロトタイプを開発したと発表した。「ドアノブを開ける」「ドライバーを使う」といった日常的な指の動作も判別できるという。

【編集履歴:2018年12月25日午後3時30分 初出時ミクロンの説明に誤りがあったため修正しました】

photo 爪に取り付ける小型センサー

 指を曲げたり伸ばしたり、手で何かを握ったりつかんだりするとき、爪は目には見えないほどわずかに変形する。爪センサーはそのゆがみを検知し、データをスマートウォッチに送信。機械学習でそのゆがみを分析することで、手や指の動きを推測できるという。

 手の震えや運動緩慢などの異常も検知できるため、パーキンソン病や認知症の治療に役立つ可能性があるという。

 手の震えなどの検知には、皮膚にセンサーを取り付けて筋肉の動きを捉える方法もある。しかし、皮膚がもろい高齢患者などの場合、皮膚センサーを使うと感染症などを引き起こす可能性があるため、爪にセンサーを取り付けたほうが安定するとしている。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.