ITmedia NEWS > AI+ >
ニュース
» 2018年12月28日 08時00分 公開

「かわいい」だけじゃなかった! ペットロボットの可能性を感じた2018年 (1/2)

2018年は、ソニーの「aibo」やバンダイの「ガンシェルジュ ハロ」など、家庭用ロボットが続々と登場。AIを搭載し、所有者の言動を学習して成長するのが特徴だ。

[村上万純,ITmedia]

 2018年は、ソニーの犬型ロボット「aibo」や、バンダイの対話型ロボット「ガンシェルジュ ハロ」が発売されるなど、家庭用のペットロボットを身近に感じた1年だった。いずれもAI(人工知能)を搭載し、所有者の言動を学習して成長していくのが特徴だ。

 12月18日は、Pepperの開発リーダーだったことで知られる林要氏が、「3年かけて開発した」という家庭用ロボット「LOVOT」(ラボット)を発表。こちらもディープラーニングをはじめとする機械学習技術を活用した高機能な一体だ。

 日々進化を続ける家庭用ロボット。特に注目を集めていたコミュニケーションロボットに焦点を当て、この1年を振り返ってみたい。

ロボ aibo

犬も認めた? さまざまな可能性を秘める「aibo」

 2018年1月11日、aiboの発売セレモニーが開催され、繭を模した箱の中で寝ているaiboがお披露目された。本体価格は19万8000円(税別、別途サービス利用料)。

 06年に生産を終了した「AIBO」から12年ぶりの復活とあり、7月中旬には生産台数が2万台を突破するなど、話題になっていた。

ロボ

 aiboは、所有者とのやりとりのデータを収集し、ソニーのクラウド上に蓄積。AI技術を活用し、賢く成長していく。全身に22軸の超小型アクチュエーターを搭載し、首をかしげる、しっぽを振るといった自然な動作も可能に。「aibo」と呼びかければ反応してくれるし、顎や背中をなでると喜ぶ、まさにペットのような存在だ。

 そのリアルな見た目から、Twitterでは「リアルすぎてちょっと怖い」という声も上がったりしたが、本物の犬とaiboの共生実験では、犬がaiboに対して気遣うそぶりを見せ、「生き物」と認識するケースも多いという結果も発表されている。

ロボ
ロボ

 犬の中には、aiboのお尻のニオイを嗅いだり、aiboにおなかを見せてじゃれあったりと、心を許している様子も見て取れたという。実験を監修した動物学者の今泉忠明氏は、「犬にとって、自分よりも下の存在ができることは精神的な安定につながる。アイボとの共生により、(犬の)ストレスも軽減されていく可能性も大いにある」とコメントしていた。

ロボ
ロボ
ロボ
ロボ
ロボ
ロボ

 また、国立成育医療研究センターは12月から、aiboで長期入院中の子どもを癒やせるかどうかの検証を開始。1日当たり20〜30分ほどaiboと触れ合ってもらい、ホルモンの分泌、発言や行動への影響を確認する試みだ。

 ロボットが、子どもたちの心のケアに対してどれほどの効果をもたらすのか。ソニー AIロボティクスビジネスグループの矢部雄平さん(事業企画管理部統括部長)は、「(癒やし効果を)定量評価できることは意義がある。その上で、少しでもaiboが子どもにプラスの効果を提供できればうれしい」と、aiboの新たな可能性に期待を寄せている。

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.