ITmedia NEWS > 速報 >
ニュース
» 2018年12月28日 11時18分 公開

ヤマハ、ドラムとウッドベースの自動演奏を可能に ジャズトリオのライブで実演

ピアノトリオが自らのバーチャル版とセッション。しかも生音で。

[松尾公也,ITmedia]

 ジャズトリオ「H ZETTRIO」は12月24日、ヤマハの「Real Sound Viewing」を使用したユニークなライブを行った。ピアノ、ウッドベース、ドラムの3人から構成されるトリオの実演に加え、事前にレコーディングされたそれぞれの動画を半透明スクリーンに映し出し、その演奏はスクリーンの前に置かれた楽器から生音で出てくるというもの。

photo H ZETTRIOトリオが自分たちと共演

 ピアノ演奏を機械的に再現するプレイヤーピアノは古くからあり、ヤマハもMIDIとして記録されたサウンドをピアノの生音で再生するピアノ、Disklavierを実際に販売している。だがドラムやウッドベースなどでの実用化はほとんどされていない。

 ヤマハは電気信号を振動に変換して生楽器と同じ発音方式で響かせる技術を用い、ドラムやウッドベースに装着されたデバイスにより自動演奏する仕組みを作り出した。

photo photo,ドラム、ウッドベースに装着されたデバイスにより「生音」が出る

 Real Sound Viewingがライブで実際に使用されたのはこれが初めて。同社は、生楽器を使ったライブ配信や往年のアーティストの演奏を生楽器音で再現する用途を想定して開発を進めているという。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.