ITmedia NEWS > 企業・業界動向 >
ニュース
» 2019年01月16日 17時11分 公開

「FGO」のディライトワークス、「ログレス」開発元に7億5000万円出資 新規スマホゲームを共同開発

「Fate/Grand Order」を開発・運営するディライトワークスが「剣と魔法のログレス」を開発するAimingと資本業務提携を結んだ。

[ITmedia]

 スマートフォンゲーム「Fate/Grand Order」を開発・運営するディライトワークス(東京都目黒区)は1月16日、「剣と魔法のログレス」などを開発するAiming(渋谷区)と資本業務提携を結んだと発表した。Aimingは、ディライトワークスを割当先とする第三者割当増資を実施し、約7億5000万円を調達。2社共同で新規スマートフォン向けゲームを1本開発する。

photo Aimingが開発しているスマートフォンゲーム「剣と魔法のログレス いにしえの女神」

 Aimingは2016年12月期(16年1〜12月)から断続的に赤字となり、17年12月には51億1500万円あった資金残高が18年9月時点では31億400万円と減少。収益改善やコスト適正化を図るとともに、手元資金を維持するための資金調達の必要があったという。

 そうした中、ディライトワークスとゲーム開発の方向性が一致したため、新規スマートフォン向けゲームタイトルを両社の次の収益の柱に育てることを目的として、今回の資本業務提携に至ったとしている。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.