ITmedia NEWS > 企業・業界動向 >
速報
» 2019年01月17日 07時10分 公開

Slack、ロゴを変更し、アプリアイコンも統一

企業向けコラボレーションツール「Slack」のロゴが変わった。配色は変わらず、ハッシュタグではない形になった。モバイルアプリのアイコンも統一された。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 企業向けコラボレーションツール「Slack」を運営する米Slack Technologiesは1月16日(現地時間)、企業ロゴを変更したと発表した。モバイルアプリもアップデートで新しいロゴになる。

 slack 1 Slackの新ロゴ

 従来のハッシュタグのようなデザインのロゴはSlackのツールの性格をよく表してはいたが、ロゴの角度(左に15度傾斜している)や配色が間違えられやすく、何より背景に色があると視認性が悪くなるのでアプリアイコンで異なるデザインを採用していたことが問題だったと公式ブログで説明している。

 slack 2 Slackの旧ロゴ。3種類あった

 新ロゴでは、アプリアイコンも統一する。

 slack 3

 ロゴをデザインしたのは、米MicrosoftのWindows 8のロゴや韓国Samsung ElectronicsのGalaxyシリーズのUI、米Verizonの企業ロゴなどを手掛けた英Pentagram。

 新ロゴについてのTwitterでの反応は様々。CEOのスチュワート・バターフィールド氏はロゴ変更の公式発表前に自身のTwitterで、好意的に迎えてくれるのは7%程度だろうが、1カ月もすれば気にする人はいなくなるだろうとツイートした。


 米Bloombergの1月12日付の記事によると、Slackは年内にIPO(株式公開)する計画という。

ニュース解説番組「NEWS TV」で記事をピックアップ

ITmedia NEWS編集部がYouTubeでお届けするライブ番組「ITmedia NEWS TV」で、この記事を取り上げています。ぜひ視聴・チャンネル登録をお願いします。


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.