ITmedia NEWS > 製品動向 >
ニュース
» 2019年01月18日 10時44分 公開

ボタン押すだけでタクシー呼べる「タクシーダッシュボタン」 一部地域で運用スタート

「玄関のチャイムを鳴らすように、ボタンをピッと押せばタクシーが呼べる」――そんなIoTデバイス「タクシーダッシュボタン」が登場。

[ITmedia]

 「玄関のチャイムを鳴らすように、ボタンをピッと押せばタクシーが呼べる」――そんなIoTデバイス「タクシーダッシュボタン」を、モバイル・コマース・ソリューション(港区)が開発し、1月から新潟県のつばめタクシー、宮城県のタクシーのぱんぷきん、沖縄県の北部観光タクシー、つきしろ交通で一般ユーザー向けに提供が始まった。

画像
画像
画像

 電源ボタンと「1」「2」ボタン、モノクロ液晶ディスプレイを備えたスマホサイズ(80×129.44×27ミリ)の端末で、「1を押すと自宅に迎車」「2を押すと病院に迎車」など迎車場所を2つまで登録できる。ボタンを押して待つと、タクシーの到着時間・号車番号が液晶画面に表示され、指定の場所にタクシーが来る。配車先だけではなく行き先の登録も可能だ。SIMを内蔵しており、通信設定不要ですぐに使い始められる。

 配車依頼はタクシー会社の配車受け付けシステムに届くため、電話応対の必要がなく、複数の依頼を一度に受け付けられる。配車場所は事前登録してもらうため、住所の聞き間違いなどもなくスムーズに依頼を受け付けられるとしている。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.