ITmedia NEWS > セキュリティ >
ニュース
» 2019年01月23日 10時15分 公開

iOS、macOSなどの脆弱性や不具合を修正 Appleがアップデート一挙公開

iOS、macOS、tvOS、watchOS、Safari、iCloud for Windowsのアップデートがそれぞれ公開された。

[鈴木聖子,ITmedia]

 米Appleは1月22日、iOSやmacOS、Windows向けiCloudなどのアップデートに関するセキュリティ情報を一挙公開した。それぞれ多数の脆弱性や不具合が修正されている。

 アップデートは「iOS 12.1.3」、「macOS Mojave 10.14.3」およびmacOS High Sierra 10.13.6とmacOS Sierra 10.12.6向けの「Security Update 2019-001」、「tvOS 12.1.2」、「watchOS 5.1.3」、「Safari 12.0.3」、「iCloud for Windows 7.10」が公開された。

photo 今回アップデートされたソフトウェアの一覧

 Appleのセキュリティ情報によると、このうちiPhoneやiPadなどを対象とする「iOS 12.1.3」では、計31件の脆弱性を修正した。不正なFaceTimeコールやアプリケーションを使って任意のコードを実行されるなど、深刻な問題も多数含まれる。

 「tvOS 12.1.2」と「watchOS 5.1.3」で修正された脆弱性は、大部分がiOS 12.1.3と共通する。

 「macOS Mojave 10.14.3」と「Security Update 2019-001」では、AppleKeyStoreやBluetoothなどに存在する計23件の脆弱性を修正。不正なアプリケーションを使って任意のコードを実行される恐れのある、Intelグラフィックドライバの脆弱性も含まれる。

 macOS向けの「Safari 12.0.3」では10件、Windows 7以降向けとなる「iCloud for Windows 7.10」では12件の脆弱性がそれぞれ修正された。

関連キーワード

macOS | 脆弱性 | iOS | Apple


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.