ITmedia NEWS > STUDIO >
速報
» 2019年01月23日 10時35分 公開

Twitter.com、一部ユーザーで新UIをローリングアウト カラムが2つになり、ツイートが少し手軽に

Twitterが一部のユーザーを対象にTwitter.com(Webアプリ版)の新ユーザーインタフェースの提供を開始した。オプトイン式で「表示する」をクリックするとカラムが2つになり、絵文字ボタンの新機能などが使えるようになる。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 米Twitterは1月22日(現地時間)、一部のユーザーを対象にWebアプリ版「Twitter.com」の新しいユーザーインタフェース(UI)を提供しはじめたと公式Twitterアカウントでツイートした。


 対象ユーザーの画面には「新しいTwitterをご紹介します」と表示され、「表示する」をクリックすると新UIに変わる。

 twit 1 招待カードが表示されたユーザーは、クリックすると新UIに変えられる

 見た目で大きく異なるのは、これまで3カラムだったデザインがタイムラインとその右のカラムの2つにまとまることだ。左上にあった自分のプロフィールは表示されなくなり、「トレンド」が右の「おすすめユーザー」の下に配置される。

 twit 2 新しいUI

 投稿ツールも変わり、ツイートボタン、絵文字ボタン、入力文字数のインジケーターの位置が変わった。

 twit 3 従来の投稿ツール
 twit 4 新しい投稿ツール

 絵文字ボタンをクリックすると、よく使う絵文字が候補として表示されるようになる(Twitterの動画を参照のこと)。

 Twitterによると、検索やキーボードショートカットも新しくなったという。新UIがすべてのユーザーに行き渡るものなのか、テストなのかは今のところ発表されていない。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.