ITmedia NEWS > 製品動向 >
速報
» 2019年01月23日 14時27分 公開

Microsoft、Surfaceで使える小学生用スタイラス「Classroom Pen」を約40ドルで発売へ

Microsoftが、教育市場向けの丈夫で安価なスタイラス「Classroom Pen」を発表した。Surfaceシリーズでの使用が前提で、20本パックを799.80ドル(約8万8000円)で2月に発売する。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 米Microsoftは1月22日(現地時間)、英ロンドンで開催の教育ICT関連イベントBETTに向けて、幾つかの教育関連の製品およびサービスを発表した。

 その中の1つ、「Classroom Pen」は、タッチ対応のSurfaceシリーズで利用できるスタイラスだ。学校の授業で使うことを前提としており、「Surface Pen」(米国では99.99ドルで販売)よりも丈夫で、先端のチップはプラスティック製で潰れにくく、1本につき1つ替えチップが付属する。

 pen 1 「Classroom Pen」

 本体には2つのボタンがついている。1つはクリックするとチップが消しゴムに変わり、もう1つは右クリックに相当する機能切り替えボタンだ。単6電池1本で稼働する。尻(チップの反対側)にはストラップを通すための穴があり、Surfaceのカバーにつなぐことも可能だ。

 pen 2 Classroom Penの2つのボタン

 「Surface GO」に最適化されているが、それ以外のSurfaceシリーズでも利用できる。

 Surface Goを販売している36カ国で2月から段階的に販売を開始する(Surface Goは日本でも販売している)。教育機関向けに20本パックを799.80ドル(約8万8000円)で販売する。1本当たり約40ドルだ。

 Microsoftはまた、Acer、Dell、Lenovoによる189ドルからの教育機関向けWindows 10端末なども発表した。


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.