ITmedia NEWS > 企業・業界動向 >
ニュース
» 2019年02月01日 19時54分 公開

トヨタとソフトバンクの新会社、シャトルバス提供へ 企業・自治体向けに

トヨタとソフトバンクが設立したMONET Technologiesが、企業や自治体向けにシャトルバスのサービスを始める。将来は自動運転技術も活用する。

[ITmedia]

 トヨタ自動車とソフトバンクが設立したMONET Technologies(モネ・テクノロジーズ)は2月1日、企業や自治体向けにシャトルバスのサービスを提供すると発表した。2020年半ばをめどに、トヨタの自動運転技術を活用する予定だが、まずは人間のドライバーが運転するバスを利用する。

photo トヨタとソフトバンクは2018年10月、MONET Technologiesの設立を発表した=記者会見で撮影

 企業の拠点間を移動するシャトルバスや、自治体のコミュニティーバスを提供する。サービスの内容は今後詰める。ソフトバンクの広報担当者によれば「早い段階でオンデマンドで車両を呼べるサービスを目指す」という。

 ソフトバンクが保有する人の流れのデータも活用し、バスの需要を予測するサービスも検討。携帯電話の基地局のデータから、特定の地域内での大まかな人の移動を把握できる技術を活用する。

 現段階では複数の企業、自治体と交渉を進めているという。将来は、自動運転技術を活用した電気自動車「e-Palette」を投入する考えだ。トヨタが開発中のe-Paletteは、移動型の店舗になったり、モノを運んだりと多目的で使える。

photo 多目的電気自動車「e-Palette」のイメージ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.