ITmedia NEWS > STUDIO >
速報
» 2019年02月05日 10時30分 公開

Firefoxも音声付き動画の音声自動再生をブロック バージョン66から

「Firefox 66」から、音声付きで自動再生する設定の動画はブロックされるようになる。ユーザーがプレイボタンなどをクリック(タップ)すると再生する。Chromeも昨年4月に公開したバージョン66から自動再生を無効化している。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 Mozilla Foundationは2月4日(現地時間)、Webブラウザ「Firefox」の次期版(バージョン66)から、Webページで自動再生される音声および動画をデフォルトでブロックすると発表した。デスクトップおよびAndroid向けで実施する。

 ユーザーが「再生」ボタンなどをクリック(タップ)することで初めて再生が始まる。例えばYouTubeのように、ユーザーが自動再生を望むWebサービスのために、サービスごとに自動再生を許可し、ホワイトリスト化することもできる。

 特定サービスによる自動再生を許可するには、そのサービスのWebページを開いた状態でURLバーのアイコンをクリックして情報パネルを開き、「自動再生サウンド」を「ブロック」から「許可」に切り替える。

 firefox 自動再生を許可する

 サービス側が、音声付き動画を音声をミュートした状態で自動再生するよう設定している場合は、動画再生はブロックされない。

 Firefox 66は3月19日公開の予定だ。

 米GoogleもWebブラウザ「Chrome」で、バージョン66から動画の自動再生を無効化した。こちらはすべての自動再生動画を一律にブロックするのではなく、ユーザー履歴に基づいてユーザーが許可しそうなWebサイトについては自動再生を許可するというものだ。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.