ITmedia NEWS > 速報 >
ニュース
» 2019年02月13日 17時23分 公開

ギフトショー春2019:「砂嵐」「回転数」「キュルキュル」――ミニチュア家電「ザ・昭和シリーズ」を体験してきた

家具調テレビ、ポータブルレコードプレーヤー、ラジカセ。おもちゃだけどちゃんと使えて懐かしい。

[MACお宝鑑定団]
MACお宝鑑定団

 テレビ、レコード、ラジカセをモチーフにした、昭和の懐かしい思い出が蘇るタカラトミーアーツ「ザ・昭和シリーズ」がギフトショー春2019に展示されていたので体験してきた。

photo ザ・昭和シリーズ

 ミニチュア家電ガジェットシリーズの第1弾で、昭和スマアトテレビジョン、昭和レコードスピーカー、昭和ミニラジカセの3製品が、2019年2月28日に発売される。

 iPhone上の動画を昭和風に鑑賞できるテレビジョン型ケース「昭和スマアトテレビジョン」は、昭和時代のテレビ体験を再現。

photok 昭和スマアトテレビジョン

 本体の裏側パネルを外し、中にiPhoneをセットする。

 iPhoneアプリ「昭和スマアトテレビジョン」を使用して動画サイトなどのURLを5つまで登録。

 本体右側の「黄金ダイヤル」を回すことで、選択した5つの動画が切り替わる。

 動画の再生モードは「白黒」、「カラー(古・1960年代風)」、「カラー(新・1980年代風)」、「地デジ」の4種類から選ぶことができる。

photo 昭和スマアトテレビジョンの下部は小物入れに

 ユニットの下部分は小物入れとして使用できる。

 4種類のうち「地デジ」以外の3種類のモードで再生すると、再生中に画面が乱れ砂嵐が現れる場合がある。

photo 昭和スマアトテレビジョンで砂嵐

 その際は、昭和時代に多くの人が体験したであろう作法「テレビの天面を手でコツコツ叩くこと」で収まる。

 Bluetooth対応ワイヤレススピーカー「昭和レコードスピーカー」は、昭和55年(1980年)に日本コロムビアから発売されたポータブルレコードプレーヤー「MODEL-GP3」をオマージュした製品だ。

photo 昭和レコードスピーカー

 Bluetoothペアリングしただけでは音楽は再生されず、本物のレコードプレイヤーのように、ターンテーブルに付属のミニチュアレコード盤をセットし、アームを動かしてレコード盤の上に落とすことで、初めて音楽が流れ出す。

 レコード盤が回転して音楽を奏でる様子を視覚的にも楽しめる。

 iPhoneアプリ「昭和レコードスピーカー」を使用して本体の「回転数切り替えスイッチ」をスライドさせると、45回転風と33回転風の2種類のスピードで音楽が再生される。

photo 昭和レコードスピーカーはシングルとLPの回転数切り替えも

 さらに、アプリ画面に表示されているレコード盤に触れると、スクラッチ音がする。

 ラジオが聴けて、カセットテープに録音もできる「昭和ミニラジカセ」は、昭和54年(1979年)に「おしゃれなテレコU4」のキャッチコピーで発売された三洋電機のスマートな横長ラジオカセットレコーダー「MR-U4」のオマージュ。

photo 昭和ミニラジカセは懐かしの「U4」オマージュ

 この製品は、スマート連携機能は搭載されていない。

 切り替えスイッチと選局ダイヤルでAM・FMのラジオが聴けるほか、本体にラジオの音をライン録音したり、周囲の外部音声を録音することが可能。

photo 昭和ミニラジカセは早送りや巻き戻しのキュルキュルも

 サイズ約3.2cmのミニカセットテープを裏返すことで、A面・B面それぞれ最大5分間まで録音可能。

 また「早送り」「巻き戻し」ボタンも付いており、ラジカセならではの「キュルキュル」した独特の音に合わせて、録音したデータの頭出しができる。

ニュース解説番組「NEWS TV」で記事をピックアップ

ITmedia NEWS編集部がYouTubeでお届けするライブ番組「ITmedia NEWS TV」で、この記事を取り上げています。ぜひ視聴・チャンネル登録をお願いします。


Copyright (C) 1998 Mac Treasure Tracing Club. All rights reserved.