ITmedia NEWS > 速報 >
ニュース
» 2019年02月05日 13時28分 公開

懐かしい家電をミニチュアに 「ザ・昭和シリーズ」発売 「砂嵐はたたいて直す」

タカラトミーアーツは、懐かしい昭和の人気電化製品をモチーフにしたミニチュアガジェット「昭和スマアトテレビジョン」「昭和レコードスピーカー」「昭和ミニラジカセ」を発売する。

[芹澤隆徳,ITmedia]

 タカラトミーアーツは2月5日、懐かしい昭和の人気電化製品をモチーフにしたミニチュアガジェット「ザ・昭和シリーズ」3種を発表した。第1弾として2月28日に「昭和スマアトテレビジョン」(3980円)、「昭和レコードスピーカー」(4980円)、「昭和ミニラジカセ」(5480円、すべて税別)の3製品を発売する。

「昭和スマアトテレビジョン」のパッケージ

 昭和スマアトテレビジョンは、お茶の間の主役だった家具調テレビを再現したスマホスタンド。専用アプリ(iOS、Android)を入れたスマートフォンを本体に差し込むとアスペクト比4:3の懐かしい画面に。画質は50年代風、60年代風、80年代風、地上波デジタル風の4つから選べる。見たい動画は本体前面の「黄金チャンネル」を回して選択。画面が“砂嵐”になったらたたいて直す「砂嵐手振動修復方式」を採用した。

チャンネルを回して番組を選ぶ
砂嵐が出たら叩いて直す
50年代風画質
おじさんは分かる「こだわりの背面デザイン」
収納付きでお部屋すっきり

 昭和レコードスピーカーは大流行したポータブルレコードプレーヤーを模したワイヤレススピーカー。スマートフォンとBluetoothで接続し、小さなレコードに針を落とすと音楽が流れ出す。専用アプリを使えば回転数(45回転、33回転)の変更も可能。シングルレコード盤(ドーナツ盤)とソノシート風ディスク、EPアダプターが付属し、商品サイトではレコードジャケットを手作りするためのジャケットPDFデータを配布する。電源は単四形アルカリ乾電池4本。

「昭和レコードスピーカー」
針を落とすと音楽再生
世界標準規格ブルートゥース
パッケージ

 昭和ミニラジカセは、昭和の小中学生があこがれたポータブルステレオラジカセをミニチュアサイズで再現した録音機能付きラジオ。AMとFMのラジオを受信できる他、録音も可能で、ミニカセットテープを入れると録音データが再生される。録音はA面とB面にそれぞれ最長5分間。外部入力も用意した。電源は単四形アルカリ乾電池3本。

「昭和ミニラジカセ」
WといってもWカセットではない
カセットテープを入れると音楽再生
パッケージ

ニュース解説番組「NEWS TV」で記事をピックアップ

ITmedia NEWS編集部がYouTubeでお届けするライブ番組「ITmedia NEWS TV」で、この記事を取り上げています。ぜひ視聴・チャンネル登録をお願いします。


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.