ITmedia NEWS > セキュリティ >
ニュース
» 2019年02月21日 07時00分 公開

架空世界で「認証」を知る:認証と認可の違い、説明できる? 「勇者王ガオガイガー」で解説してみる (1/4)

小説、漫画、アニメ、映画などの架空世界に登場する「認証的なモノ」を取り上げて解説する連載をITmediaで出張掲載。第10回のテーマは架空世界の「認証と認可」について。

[朽木海,ITmedia]

この記事は認証セキュリティ情報サイト「せぐなべ」に掲載された「架空世界 認証セキュリティセミナー 第11回『政府による認証と認可【勇者王ガオガイガー】』」(2017年12月7日掲載)を、ITmedia NEWS編集部で一部編集し、転載したものです。当時未発売だった製品やサービスの記述などは、本記事掲載時の状況に合わせて編集しています。

あらためて架空世界の認証事例を紹介

 ……それでは講義を始める。

 さて、今回取り上げるのは「勇者王ガオガイガー」。いろいろ切り口のある作品ではあるが、今回は「そもそも認証とは何か?」という点をもうちょっと深く掘り下げていくつもりだ。そのつもりで読んでほしい。

「あとは勇気で補えばいいッ!」

 では基本データから紹介しよう。

 「勇者王ガオガイガー」は1997年から放送されたSFロボットアニメ。名古屋テレビ・サンライズ制作のいわゆる「勇者シリーズ」の最終作を飾るアニメだ。その後続編のOVA「勇者王ガオガイガーFINAL」が制作されたり、同じ世界設定を持つダークSFアニメ「ベターマンなども制作されたりした人気作品だ。

 あらすじを紹介しよう。2003年、宇宙飛行士「獅子王凱」は宇宙空間で謎の機界生命体と衝突。瀕死の重傷を負った凱は、黄金に輝くメカライオン「ギャレオン」に助け出され地球に不時着する。

 その手には緑色の宝石Gストーンが握られていた。そこから得られた技術によって、凱はサイボーグとして復活する。一方、謎の機界生命体は地球のどこかへ姿を消した。

 そして2年後の2005年。機界生命体「ゾンダー」が地球上で活動を開始する。それを阻止するのが「ガッツィー・ジオイド・ガード」、略してGGG(スリージー)。そして凱が操縦する鉄の巨人「勇者王ガオガイガー」だった。

 ガオガイガーは、その圧倒的なパワーでゾンダーを破壊、核を壊そうとする。その前に、羽を持った緑の髪の少年が現れる。彼の名前は「天海護」。護の力で核を浄化すると、なんと中から人間が出てきたのだ……!

 そして、護はGGGの特別隊員となり、ゾンダーから地球を守るため凱たちや勇者ロボたちと戦っていく……。

 スーパーロボットものには珍しい精緻な設定と謎の数々、そしてこれこそがスーパーロボットものという熱い展開が好評を博した作品である。

 成功確率がほとんどゼロなのにもかかわらず「成功率なんてのは単なる目安だ、あとは勇気で補えばいいッ!」というGGG長官「大河幸太郎」のせりふはあまりにも有名である。

「ファイナルフュージョン、承認!」

 さて、本題である「認証とは何か」について。中には「その製品が一定のクオリティーに達している」と公的機関、あるいは政府からお墨付きを得ることを認証と呼ぶ業界があるが、今回はこの「お墨付きを得る」行為を「認可」として、「認証」と区別して呼ぶことにする。この「認可」の場面が、ガオガイガーでは度々登場するのだ。

       1|2|3|4 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.