ITmedia NEWS > STUDIO >
速報
» 2019年02月21日 09時48分 公開

Twitter、会話の表示方法改善のためのパブリックβプログラム参加募集開始

Twitterが、新機能テストのためのパブリックβプログラムへの参加募集を開始した。会話を見やすく、参加しやすくするための新機能をβ版でテストし、フィードバックする。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 米Twitterは2月20日(現地時間)、Twitterの新機能テストへの参加者を公式ツイートで募集した。「Twitterを読みやすく、分かりやすく、会話に参加しやすく」することが目的という。


 同社は昨年9月、会話(コメントのつながり、スレッド)の新しい表示方法のラフデザインを公開し、フィードバックを求めた

 titter 1

 上の画像は、スレッド上の自分のコメントが青で表示されている。こうしたスレッドを見やすくするための色分けの他、返信アイコンのデザイン変更やアイコンをタップしないと会話を表示しない機能などのテストを行う。

 βテスト参加者は、新機能を実際に使ってフィードバックすることになる。参加するにはツイートのリンク先をクリックし、参加フォームに入力する。本稿執筆現在、まだ参加を申し込めるが、右上のインジケータが100%になったら募集を締め切るようだ。

 twitter 2 参加フォーム

 βプログラムの機能は必ずしも実際に実装されるわけではなく、実装されるのはテストから数カ月後になる。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.