ITmedia NEWS > 企業・業界動向 >
速報
» 2019年02月22日 11時38分 公開

Google、ハラスメント問題の「強制仲裁」中止を約束

Googleが、従業員有志グループの要請を受け、正社員および契約社員にハラスメント問題の解決のために強制仲裁を押しつけることを3月21日からやめると発表した。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 米Googleの従業員有志グループ「End Forced Arbitration」は2月21日(現地時間)、Googleが従業員(正社員および契約社員)に対し、嫌がらせ、差別、不当な解雇などについての紛争を解決する手段として、(訴訟ではなく)仲裁を強制することをやめると発表した。3月21日から実施する。

 End Forced Arbitrationは1月、強制仲裁中止を求めるキャンペーンを展開した。Googleの決定は、この運動を受けたものだ。

 arbitration 強制仲裁中止を求めるWebサイト

 有志グループはMediumの投稿で、「すべての労働者が裁判を通して自らの権利を守れるようこの措置をとったことで、われわれはGoogleを賞賛する」と決定を評価した。

 だが、Googleはまだ数千人のサプライヤーやパートナーの従業員に仲裁を強制しているとして、運動を続けるとしている。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.