ITmedia NEWS > 企業・業界動向 >
ニュース
» 2019年02月22日 19時28分 公開

TSUTAYAに課徴金1億円 「動画見放題」、実際は一部のみ

「TSUTAYA TV」の「動画見放題」プランで、あたかも全ての動画が見放題になるかのように表示。消費者庁が景表法違反に当たるとして、TSUTAYAに課徴金1億1753万円の支払いを命じた。

[ITmedia]

 消費者庁は2月22日、動画配信サービス「TSUTAYA TV」の「動画見放題」プランで、あたかも全ての動画が見放題になるかのように表示していたが、実際は一部の動画しか見れなかったことが、景品表示法違反(優良誤認)に当たるとして、運営元のTSUTAYAに課徴金1億1753万円の支払いを命じたと発表した。

photo 問題のあった表示例。「動画見放題」と記載した背景に約30本の動画画像を載せ、あたかもそうした動画が見放題になるかのように示していた=消費者庁のニュースリリースより

 同庁によれば、TSUTAYAは自社のWebサイトやYouTubeの公式チャンネル上で、「動画見放題」「動画見放題&定額レンタル8」「TSUTAYA プレミアム」というサービスについて、契約すれば、TSUTAYA TVで配信する動画が条件なく見放題になるかのように表示していた。しかし実際に見放題なのは、配信作品のうち最大でも27%程度だったという。

 これに対し、同庁は昨年5月、再発防止を求める措置命令を出していた

photo

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.