ITmedia NEWS > セキュリティ >
ニュース
» 2019年02月28日 13時14分 公開

PayPalかたるフィッシングメール出回る 不審なログインがあったと偽サイトに誘導

オンライン決済サービス「PayPal」をかたるフィッシングメールが出回っているとして、フィッシング対策協議会が注意を呼び掛けている

[ITmedia]

 オンライン決済サービス「PayPal」で不審なログインがあったとかたり、同サービスへのログイン情報などを詐取しようとするフィッシングメールが出回っているとして、フィッシング対策協議会は2月28日、注意を呼び掛けた。

photo フィッシングメールの例

 件名は「[大切] PayPal アカウントでの不審なログインアクティビティ」。本文では、ログインに心当たりがない場合は検証が必要だとして、フィッシングサイトに誘導。リンク先にアクセスすると、メールアドレスなどを入力するよう求める偽のPayPalログインページが表示される。

photo

 午前1時時点でフィッシングサイトは稼働中。同協議会では、JPCERTコーディネーションセンターにサイト閉鎖のための調査を依頼している他、このようなサイトにメールアドレス、パスワード、クレジットカード情報などを入力しないよう呼び掛けている。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.