ITmedia NEWS > 社会とIT >
ニュース
» 2019年03月05日 12時38分 公開

「何回閉じても無駄ですよ〜」ブラクラURLを掲示板に貼っただけで補導、「やり過ぎ」と物議

「何回閉じても無駄ですよ〜」と書かれたポップアップが繰り返し表示されるサイトのURLを掲示板に書き込んだとして、13歳の女子中学生が補導。「ブラクラのURLを貼っただけで補導や家宅捜索とは、行き過ぎだ」とネットで物議をかもしている。

[岡田有花,ITmedia]

 アクセスすると「何回閉じても無駄ですよ〜」と書かれたポップアップが繰り返し表示されるサイトのURLを掲示板に書き込んだ不正指令電磁的記録供用未遂の疑いで、13歳の女子中学生が兵庫県警に補導され、39歳の男性と47歳の男性がそれぞれ家宅捜索を受けたと、NHKニュースSANSPO.COMなどが3月4日に伝えた。このニュースは、「ブラクラのURLを貼っただけで補導や家宅捜索とは、行き過ぎだ」とネットで物議をかもしている。

画像 問題になったとみられるサイトに、iPhoneのChromeブラウザでアクセスした。「OK」を押してもダイアログは消えないが
画像 Chromeの場合は、1度OKを押した後に「ダイアログを表示しない」メニューが出現。タップするとダイアログは消える。また、Safariの場合は「閉じる」を何度押しても消えないが、タブを閉じれば消える

 報道によると、この3人が貼り付けたURLは、アクセスすると、「何回閉じても無駄ですよ〜」という文字や、顔文字などが表示され続けるという。ネットでは、「このサイトではないか」と具体的なURLを指摘する声もある。

 実際にそのURLをクリックすると、猫がパンチを繰り出しているアスキーアート(AA)と、「何回閉じでも無駄ですよ〜ww」の文字などがダイアログで表示される。このダイアログはブラウザの「OK」や「閉じる」ボタンを押しても消えないが、タブを閉じてしまえば消えるため実害はほとんどない。

 このURLは、2014年ごろから掲示板やLINE、Twitterなどに繰り返し投稿されている有名ないたずらページだ。掲示板などでは、「超感動した」「これ面白いよ」といった誘導文言とともに投稿されるケースが多い。14年ごろには、いたずら目的でこのURLを貼ることが大流行していたようで、踏んでしまった場合の対策を説明したサイトも多数出ていた

 今回、このURLを貼っただけで補導や家宅捜索を受けたという報道に、ネットでは、「いたずら目的で実害もないのに、警察はやり過ぎだ」「犯罪とは思えない」といった批判が相次いでいる。また、このURLのプログラム自体は極めてシンプルで、JavaScriptの基本機能を使えば簡単に書けるもの。「これが不正プログラムになるなら、閉じようとしても消えない広告も不正プログラムでは」といった声も出ている。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.