ITmedia NEWS > 速報 >
ニュース
» 2019年03月12日 13時42分 公開

LINE、ディスプレイ搭載スマートスピーカー「Clova Desk」3月19日発売 2万7540円 赤外線で家電操作も

LINEがディスプレイを搭載したスマートスピーカー「Clova Desk」を3月19日に発売する。

[山口恵祐,ITmedia]

 LINEは3月12日、ディスプレイを搭載したスマートスピーカー「Clova Desk」を3月19日に発売すると発表した。価格は2万7540円(税込、送料無料)。公式Webサイトで注文を受け付ける。

photo

 7インチ液晶ディスプレイ(1024×600ピクセル)を搭載する卓上型のスマートスピーカー。ホームスクリーンに天気や家族の予定、電車の運行情報、LINEの新着通知などを常時表示する他、クックパッドのレシピやAbema TVで放送中の番組を表示したり、問いかけた質問に対して音声と画面表示で返答したりできる。

 LINE MUSICやradiko.jpなど、これまでのClovaデバイスに対応していたサービスも引き続きClova Deskで使える。

photo
photo

 個人のLINE IDや家族用の代表アカウントをClova Deskにひも付けて、メッセージアプリ「LINE」のテキストチャット(スタンプ含む)が使える。Clova Desk本体に搭載する有効500万画素のカメラを使った写真撮影やビデオ通話にも対応する。

photo
photo

 本体のIR(赤外線)ポートによって、声で操作できる赤外線リモコン機能も使える。エアコン、照明、テレビに対応するプリセット(計60社)に加え、学習機能も備える。赤外線リモコンで操作するさまざまな家電をClova Desk単体で操作できる。

 スマートスピーカーとしての性能も向上。騒音環境での呼び出し性能と反応速度が従来機種に比べてそれぞれ20%向上しているという。LINEの中村浩樹マネージャー(Clova企画室スマートプロダクトチーム)は、「リモコンを手に取るよりもClovaに頼んだほうが早いと感じていただける」と話す。

 本体に搭載する3000mAhの内蔵バッテリーで単体動作も可能。動作時間は動作環境にも異なるとしながらもスタンバイで約3時間、音楽再生で2時間動作する。料理をするときにキッチンへ移動させて、音楽を聴いたりクックパッドでレシピを開くといった用途を想定する。

photo 付属のACアダプタ
photo LINEの中村浩樹マネージャー(Clova企画室スマートプロダクトチーム)

 Clova Deskのメインターゲットはファミリー。音質を追求したClova WAVEなどと差別化している。

 「商品のコンセプトは『ホームサイネージ×コミュニケーション』。電子機器が家に増えるにつれて、リモコンがたくさん転がっている。家族に共有するメモや予定も、さまざまな家の場所に存在している。Clova Deskで家の中にちらばる情報端末や情報をスマートにまとめられる」(中村マネージャー)

 カラーバリエーションはホワイトとブラック。サイズは181.0(幅)×104.5(奥行き)×173.0(高さ)ミリ。重さは915グラム。

 ディスプレイを搭載するスマートスピーカーは、Amazon.co.jpの「Echo Spot」「Echo Show」、Googleの「Google Home Hub」(日本未発売)が先行している。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.