ITmedia NEWS > STUDIO >
速報
» 2019年03月19日 09時29分 公開

Slack、企業向けプランにAWS KMS採用の暗号化キー機能を追加

Slackが大企業向けプラン「Enterprise Grid」に、AWS KMS採用の独自暗号化キー機能「Slack EKM」を追加したと発表した。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 米Slack Technologiesは3月18日(現地時間)、大企業向けプラン「Enterprise Grid」で、チャンネルごとや期間ごとにファイルやメッセージを暗号化できるアドオン機能「Slack Enterprise Key Management(EKM)」をリリースしたと発表した。

 slack 1

 米Amazonの暗号化キー作成・管理サービス「AWS Key Management Service」を採用しており、ユーザーは独自の暗号化キーを使い、アクセスを細かくコントロールできるという。特に金融サービス、ヘルスケア、行政など、厳格な規制を受けている業界のユーザー向けだ。

 現在、Slackのすべてのデータは転送中も保存後も暗号化されている。EKMを使えば、トラフィックを独自キーで暗号化し、制御レイヤーを追加できる。

 slack 2 AWS KMS

 年内の上場を計画するSlackが最近発表したDAU(日間アクティブユーザー数)は1000万人超。有料プランを採用する企業ユーザーは前年比50%増の8万5000社で、その多くは非IT企業という。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.