ITmedia NEWS > ネットの話題 >
ニュース
» 2019年03月29日 10時30分 公開

「新元号『安久』に対応」発表文が話題→即削除 「仮置きのまま公開」と謝罪

「新元号『安久』に対応する検索エンジンのパッチリリースを発表」と題した企業の発表文でネット騒然。動作確認のため仮置きしていた元号をそのまま発表文にも掲載・公開してしまったとし、謝罪している。

[ITmedia]

 全文検索ソフト「Apache Lucene」を使った検索エンジン導入支援などを手掛けるロンウイット(千代田区)は3月28日、「新元号『安久』に対応する検索エンジンのパッチリリースを発表」と題した発表文を一時的に公開し、ネットを騒がせてしまったとして「大変申し訳ございませんでした」と謝罪した。

 この発表文は話題になり、「新元号を事前に知らされていた企業が漏えいしたのでは」との憶測まで出た。だが実際は、検索エンジンのパッチを作成する際「安久」と仮置きして動作確認を行っており、そのまま発表文にも掲載・公開してしまったのが真相で、「大変軽率な行いで、深く反省している」と謝罪した。もちろん、「事前に新元号が知らされていたという事実はない」という。

画像 謝罪文
画像 誤って公開したニュースリリースより(削除済み)

 削除した発表文では、「新元号『安久』に対応する検索エンジンのパッチリリースを発表します」「和暦の元号は2019年5月1日に『平成』から新元号『安久』に代わります」などと、新元号が「安久」と確定しているかのような書き方で、「差し替え前の原稿を間違えて公開したのだろうか」「事前に新元号を知らされていた会社が、間違えて新元号を漏らしたのか?」などとネットで騒ぎになっていた。

 朝日新聞の報道によると、元号予想で話題になっている「安久」などについては政府関係者は「俗用の一種に当たるので、なるべく避ける」と語っているという。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.